過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33700問」を出題

問題

[ 設定等 ]
精神保健福祉活動を行っている民間団体に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
日本精神衛生会は、精神病者慈善救治会として創設された。
   2 .
日本いのちの電話連盟は、自殺対策基本法の成立を受けて創設された。
   3 .
全日本断酒連盟は、依存症の治療に従事している多職種チームが中心となって創設された。
   4 .
全国精神障害者団体連合会は、「障害者総合支援法」の成立を受けて創設された。
   5 .
全国精神保健福祉連絡協議会は、精神保健福祉士の職能団体として創設された。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正答は「1」です。

1. 正解です。1902(明治35)年にNGOとして創設された精神病者慈善救治会が、1950(昭和25)年に財団法人日本精神衛生会となりました。

2. 日本いのちの電話連盟は、ドイツ人宣教師のルツ・ヘットカンプの呼びかけにより、1971(昭和46)年にボランティア相談員によって始まりました。自殺対策基本法は2006(平成18)年に成立しています。

3. 全日本断酒連盟は、東京の「断酒友の会」と高知の「高知断酒新生会」が当事者家族で交流を行ったことから全国的な組織へと発展し、1963(昭和38)年に設立されました。厚生労働省所管の公益社団法人です。

4. 全国精神障害者団体連合会は2002年に設立したNPOです。障害者総合支援法は2013(平成25)年に障害者自立支援法から改正されて設立しました。

5. 全国精神保健福祉連絡協議会の前身は全国精神衛生連絡協議会で、1963(昭和38)年に設立されました。各都道府県の精神保健福祉協会の連携を図る目的で発足しました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は1です。

1.日本精神衛生会は、精神病者慈善救治会として創設されました。

2.日本いのちの電話連盟は、1971年に電話相談が開始されたことに始まります。自殺対策基本法の成立は2006年です。

3.全日本断酒連盟は、セルフヘルプグループである断酒会が中心となって創設されました。

4.全国精神障害者団体連合会は、2002年に設立されました。障害者総合支援法の成立は2013年です。

5.全国精神保健福祉連絡協議会は、職能団体ではなく、指定都市を含む各都道府県の精神保健福祉協会の連絡を図ることなどを目的に創設されました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。