過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33718問」を出題

問題

[ 設定等 ]
諸外国の精神保健福祉に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
韓国では、入院医療・入所施設中心から地域ケア中心に転換したことにより、精神療養施設を廃止した。
   2 .
イタリアでは、ケアプログラムアプローチ( CPA )により、精神障害者への医療サービスと福祉サービスを計画している。
   3 .
イギリスでは、法律180号( 1978年 )制定後、単科精神病院への新規入院を禁じた。
   4 .
アメリカでは、入院回避のためのショートステイ施設として、ベンチャー( Venture )を用いている。
   5 .
カナダでは、政府が発表した『闇からの脱出』の中で、精神障害者を中心に位置づけたリカバリーシステムを目指すこととした。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
8
評価しない
正答は「5」です。

1. 韓国では精神保健法の改正により、保護入院による人権侵害の防止のための規制を行うなど、対策がされていますが、精神療養施設は廃止していません。

2. CPAにより精神障害者への医療と福祉のサービスを提供するシステムを導入したのはイギリスです。

3. 法律180号は、バザーリア法と呼ばれ、イタリアで制定されました。

4. ベンチャーを導入しているのはカナダです。カナダではその他に女性のための宿泊施設であるビスタを導入しています。

5. 正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は5です。

1.韓国では、精神療養施設は廃止されていません。

2.ケアプログラムアプローチにより、精神障害者への医療サービスと福祉サービスを計画しているのは、イギリスです。

3.法律180号制定後、単科精神病院への新規入院を禁じたのはイタリアです。

4.入院回避のためのショートステイ施設として、ベンチャーを用いているのは、カナダです。

5.カナダでは、政府が発表した『闇からの脱出』の中で、精神障害者を中心に位置づけたリカバリーシステムを目指すこととしました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。