過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第33720問」を出題

問題

[ 設定等 ]
精神科リハビリテーションの原則に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
発病前の状態に戻すことを到達点とする。
   2 .
回復期への移行とともに速やかに開始する。
   3 .
特定の技法やプログラムを基本とする。
   4 .
個人の社会生活技能の改善と環境面での支援開発を行う。
   5 .
障害支援区分を基準に実施する。
( 第20回(平成29年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉の理論と相談援助の展開 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
5
評価しない
正解は4です。

1.発病前ではなく、必要とされる環境における行動の改善を目指します。

2.回復期の前から開始します。

3.特定のものではなく、さまざまな技法やプログラムを用います。

4.個人の社会生活技能の改善と環境面での支援開発を行います。

5.障害支援区分ではなく、個々の状態や希望に合わせて実施します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正答は「4」です。

アンソニーによる精神科リハビリテーションの基本原則は、下記の9項目です。
①最大の焦点は、精神障害を持つ人の能力の改善である
②必要とする環境での当事者の行動が改善されること
③様々なテクニックを駆使する臨機応変のものである
④精神障害を持つ人の、職業上の予後を改善すること
⑤精神科リハビリテーションの構成要素として希望が不可欠である
⑥自立につながるための熟慮したうえでの依存
⑦当事者の参加が望ましい
⑧当事者の技術開発と環境的支援開発の二大介入
⑨薬物療法は、必要条件ではあるが十分条件ではない

その他、当事者参加、個別性の重視、ソーシャルインクルージョン、早期介入、多職種や家族・市民との統合的アプローチ、地域社会との連携、EBPやVBPの概念などを、ポイントとして押さえておくと理解が深まります。

1. 発病前の状態に戻すことではなく、精神疾患・障害を持ちながらその人らしく生活していくことを目的としています。

2. 精神科リハビリテーションは早期介入が効果が高いと考えられており、回復期を待たずに、発症後早期の介入を行います。

3. 様々なテクニックを駆使する臨機応変のものです。

4. 正解です。当事者の技術開発と環境的支援開発が二大介入とされています。

5. 障害支援区分で画一的に行うのではなく、個別性を重視して、当事者の希望や状況、生活環境に即した形で実施します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。