過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41053問」を出題

問題

[ 設定等 ]
福祉計画策定の一連の過程に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
市町村地域福祉計画の策定委員会の長は、当該市町村の住民の中から選出することとされている。
   2 .
第5期障害福祉計画(2018年度(平成30年度)開始)を作成するための基本指針では、ニーズ調査の実施方法としてデルファイ法が推奨されている。
   3 .
第7期介護保険事業計画(2018年度(平成30年度)開始)を作成するための基本指針では、PDCAサイクルの活用がうたわれている。
   4 .
内閣府は、市町村子ども・子育て支援計画の実施状況に関する政策評価を毎年実施している。
   5 .
介護給付の適正化における介護給付費通知事業は、シングル・システム・デザイン法によって評価される。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 福祉行財政と福祉計画 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1.市町村地域福祉計画とは、高齢者・児童・障害者の分野ごとの縦割りではなく、それぞれの実情に応じた形で関係機関と住民が支え合う地域づくりを計画するもので、委員は①知識経験を有する②福祉団体の関係者③市民活動団体の関係者④公募に応じた者⑤その他市長が認めた者としています。委員長は委員の選出により決定します。

2.第5期障害福祉計画のニーズ調査でデルファイ法の手法は使用されていません。障害福祉計画の基本指針は厚生労働大臣が作成しています。

3.2018年度からスタートした第7期介護保険事業計画は、保険者(市町村)はPDCAサイクルを行い自立支援・重度化予防を推進させることが求められました。
PDCAサイクルとは、計画P・実行D・評価C・改善Aを柱に管理業務を改善していく手法のことであり、
【地域の実態把握や分析】→【課題分析を踏まえて情報共有や計画】→【計画に基づき自立支援や介護予防に向けた取り組み】→【実績評価や見直し】を繰り返していきます。

4.内閣府においては、各自治体の事業計画と関連する子ども子育て会議の運営の在り方について、いくつかの自治体を対象に調査を予定するとしています。
よって毎年政策評価をするというのは誤りです。

5.介護給付費適正化における介護給付費通知事業とは、不適切な利用を削減し適切な介護サービスを確保することで、介護保険の信頼性や保険の膨大化を抑制することがねらいであり、対象者にサービス利用状況を通知することです。
シングル・システム・デザイン法とは相談援助の介入法のことであり介護給付費通知事業には関係ない内容のため、誤りです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1×  市町村ごとに策定委員会の設置要綱があり、
住民ではなく、当該市町村の委員から選出されています。

2× 障害者部会報告書によると、
「デルファイ法」ではなく、「PDCAサイクル」が推奨されています。
ちなみに、デルファイ法とは、多数の専門家などにアンケート調査して、
その結果に基づいたアンケートを作成し、再び回答する作業を繰り返す方法です。

3○  正しいです。
第7期介護保険事業計画の基本方針で、
「PDCA サイクルの推進」の項目が追加されました。

4× 「毎年実施」ではなく、
「継続的に点検・評価・見直しを行っていく」とされています。

5× 介護給付費通知事業の評価は、
その年の実績をベースとして、どれだけ達成できたのか数値化していきます。
一方、シングル・システム・デザイン法は、前年のデータを比較して、
その効果を図る方法のため、間違いといえます。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1:×
委員は市町村の福祉に関わる者の中から選出し、委員長は委員の互選により選出されるため、
選択肢は不適となります。

2:×
デルファイ法とは、予測される問題について正確さを上げるためのアンケートの方法であり、
障害者福祉計画とはそぐわないため、
選択肢は不適となります。

3:○
選択肢の通りです。

4:×
市町村及び都道府県が毎年評価を実施しています。
よって、選択肢は不適となります。

5:×
シングル・システム・デザイン法ではなく、各利用者に直接アンケートを取っているため、
選択肢は不適となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。