過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41055問」を出題

問題

[ 設定等 ]
第5期障害福祉計画(2018年度(平成30年度)開始)を作成するための基本指針に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
障害者等の自己決定の尊重と意思決定の支援が、基本理念に新たに追加されている。
   2 .
2018年度(平成30年度)から、障害児の支援の提供体制を確保するため、障害児福祉計画を併せて策定することとされている。
   3 .
地域生活から福祉施設入所への移行のための数値目標が掲げられている。
   4 .
就労移行支援事業等を通じた、福祉施設から一般就労への移行者数は、2016年度(平成28年度)実績の1.0倍に設定されている。
   5 .
児童発達支援センターを各都道府県に少なくとも1か所以上設置することが基本となっている。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 福祉行財政と福祉計画 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
第5期障害福祉計画を見ていないと答えることが難しい問題だったと思います。

1× 「障害者等の自己決定の尊重と意思決定の支援」は第3期からあるので、
新たに追加されたものではないです。

2○ 正しいです。
第5期障害福祉計画(2018年度(平成30年度)開始)から
障害児福祉計画は一緒に策定するとされました。
今後の試験でも出題される可能性はあるので、要チェックです。

3× 説明が逆です。
正しくは「福祉施設から地域生活への移行」です。

4× 2016年度(平成28年度)実績の「1.0倍」ではなく、正しくは「1.5倍」です。

5× 児童発達支援センターが置かれるのは
「各都道府県」ではなく、正しくは「各市町村」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1.第5期障害者福祉計画を作成する基本指針の一つとして、障害者の自己決定の尊重と意思決定の支援がありますが、これは以前から掲げられているものであり、新たに追加されたものではないため、誤りです。

2.障害者・障害児の日常生活および社会生活を支援し、障害福祉サービスや障害児通所支援などの円滑な実施を確保するため、第五期障害者福祉計画と第一期障害児福祉計画は一体的に作成するものとされています。

3.国の指針では施設入所者の地域生活への移行を支援しています。
障害者サービス等への数値目標として、暮らしの場において障害者の自己決定を擁護し、施設入所から地域生活への移行のための数値目標を掲げています。
設問は逆になっているので誤りです。

4.福祉施設から一般就労への移行者数の数値が2016年より1.0倍に設定されていると書いていますが、数値目標が倍になっていないので誤りです。

5.平成32年度までに児童発達支援センターを各市町村に少なくとも1カ所は設置するとされているため、誤りです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1:×
第一次障害福祉計画の時点から基本指針に定められていた事項であるため、
不適となります。

2:○
選択肢の通りです。

3:×
逆です。
福祉施設入所から地域生活移行への数値目標が掲げられているため、
選択肢は不適となります。

4:×
1.5倍以上を目標として設定しているため、
不適となります。

5:×
各都道府県ではなく、各市町村に1カ所以上設置することを目標としているため、
不適となります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。