過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41071問」を出題

問題

[ 設定等 ]
現在の生活保護の基準に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
生活保護基準は、3年に1回改定される。
   2 .
生活保護基準は、財務大臣と厚生労働大臣の連名で改定される。
   3 .
生活保護に係る施策との整合性に配慮して、地域別最低賃金が決定される。
   4 .
生活扶助基準は、マーケット・バスケット方式によって設定される。
   5 .
生活保護基準に連動して、障害基礎年金の水準が改定される。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 低所得者に対する支援と生活保護制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
①生活保護基準は5年に1回改定されます。

②生活保護基準は、厚生労働大臣の名で改定されます。

③正しい記述です。

④マーケット・バスケット方式は昭和23年~35年にかけて用いられていました。最低限の生活を維持するのに必要な物を積み上げて、生活費を計算する方法です。
昭和59年~現在は水準均衡方式がとられています。これは生活保護で保障するべき最低限の水準を、一般国民の消費水準と比較して計算する方法です。つまり一般国民の消費水準に合わせて、生活保護費が上下します。

⑤生活保護基準は生活するうえで最低限必要な額を算出しています。従って生活保護基準の上下により、自治体の各種減免制度など複数の基準額に影響を及ぼします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
1(不正解)
生活保護の基準は5年ごとに見直しされることとなっており、この場合適切ではありません。

2(不正解)
生活保護基準は厚生労働大臣の裁量によって改定されます。よってこの場合適切ではありません。

3(正解)
記載されている通りです。

4(不正解)
生活保護基準は、「水準均衡方式」という方式により設定されており、この場合適切ではありません。

5(不正解)
生活保護は生活保護法、障害基礎年金は年金法にそれぞれ根拠法があり、全く別の水準・方式によって決定されています。よってこの場合適切ではありません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
生活保護の水準について、他の法律の関係も問われています。

1× 生活保護基準の改定は3年ではなく、5年ごとです。
(生活保護制度の在り方に関する専門委員会報告書第2の1)

2× 生活保護基準の改定は、厚生労働大臣に基づき行われます。
(生活保護法8条)

3○ 正しいです。
最低賃金法(第9条3項)において、
「健康で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう、生活保護に係る施策との整合性に配慮するものとする」とあります。

4× 生活扶助基準の基準は、マーケット・バスケット方式でなく現在は「水準均衡方式」を採用しています。
(生活扶助基準及び加算のあり方について(昭和58年12月23日中央社会福祉審議会))

5× 障害基礎年金の水準は「障害等級」に連動しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。