過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41103問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「平成28年度公立学校教職員の人事行政状況調査」(文部科学省)における、精神疾患による病気休職者の人数に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
平成19年度以降、5,000人前後で推移している。
   2 .
身体疾患による病気休職者よりも少ない。
   3 .
年代別では、20歳代が最も多い。
   4 .
職種別では、校長が最も多い。
   5 .
性別では、女性が男性の約2倍となっている。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
1(正解)
記載されている通りです。

2(不正解)
身体疾患による病気休職者よりも多くなっており、この場合適切ではありません。

3(不正解)
年代別では50代以上が最も多くなっており、この場合適切ではありません。

4(不正解)
職種別では教諭等が最も多くなっており、この場合適切ではありません。

5(不正解)
性別では女性の方が多くなっていますが約2倍にはなっておらず、この場合適切ではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.〇です。「平成28年度公立学校教職員の人事行政状況調査」の精神疾患による病気休職者の推移をみると、5,000人前後で推移しています。

2.×です。身体疾患による病気休職者の数よりも、精神疾患による休職の方が多いので間違いです。

3.×です。年代別では50代以上の職員が最も多い結果となっています。

4.×です。職種別では圧倒的に教諭の数が多いので間違いです。

5.×です。男性が3,219人、女性が4,539人となっていますので、間違いです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正答【1】

1.正答
教育職員の精神疾患による病気休職者数は、4,891人(全教育職員数の0.53%)であり、平成19年度以降
5,000人前後で推移しているが、ここ3年は連続して減少しています。


2.誤答 
休職者7,758人のうち、精神疾患による休職者 4,891人となり身体疾患による病気休職者よりも多いです。


3.誤答 
年代別では、20歳代は最も少なく0.45%、40代が最も多く0.62%、50代以上0.58%、30代0.56%となっています。


4.誤答 
校長は一番少なく、全体の0.08%です。
最も多いのは教諭等0.59%、次いで養護教諭等0.36%、主幹教諭等0.34%となっています。


5.誤答 
性別では男女差はあまり認められません。男性0.51%に対し女性0.55%です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。