過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第41109問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち、施設コンフリクトの説明として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
労働時間の増加した施設職員の生活満足度が低下すること。
   2 .
福祉施設の新設に際して地域住民から反対運動が起こること。
   3 .
同一施設内の部署間において意見対立が生じること。
   4 .
施設職員が自身に求められる複数の役割間の矛盾に思い悩むこと。
   5 .
特定の障害のバリアフリー化が他の障害にとっての新たなバリアとなること。
( 第21回(平成30年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は2です。
施設コンフリクトは、施設と地域との間での紛争状態を指します。

1. このように、仕事がプライベートの状況に負の影響を及ぼすことを、ネガティブ・スピルオーバーと言います。

3. 同一施設内の部署間における意見対立は、施設コンフリクトではありません。

4. このような役割間の矛盾による心理的緊張を、役割葛藤と言います。

5. 特定の障害のバリアフリー化が他の障害にとっての新たなバリアとなることを、バリア・コンフリクトといます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正答【2】

1.誤答 
労働時間の増加した施設職員のワーク・ライフ・バランスが崩れると、当然生活満足度は低下してきますが、施設コンフリクトとは関係ありません。


2.正答 
説明通り。
施設コンフリクトとは、福祉施設の建設をする際に住民や地域社会が強い反対運動を起こすことで建設計画が頓挫してしまったり、建設条件として大きな譲歩を余儀なくされてしまうという施設と地域間での紛争を指します。


3.誤答
同一施設内の部署間の対立は施設コンフリクトの説明ではありません。


4.誤答
施設職員の求められる役割は複数にわたるため、役割間の矛盾や対立する内容の役割期待があるため容易に優先順位を付けられなかったりといった内的葛藤を伴う調整をしなければならなくなります。このことを「役割葛藤」といいます。


5.誤答
これは、バリアフリー・コンフリクトの説明です。
バリアフリー化が進む一方で、そのバリアフリー化が特定の障害のある人や障害のない人にとって新しいバリアとなる問題が生まれるということです。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
2.〇です。

施設コンフリクトに関する説明です。新しい施設を建設する際、地域住民から反対運動などに合う事を施設コンフリクトと言います。施設としては障害者の地域支援や社会化を図るうえで、コンフリクトが大きな壁になることがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。