過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49188問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ギャンブル等依存症に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。
   1 .
ギャンブル等依存症対策基本法では、ギャンブル等依存症問題啓発週間を設けることとされている。
   2 .
GA(ギャンブラーズ・アノニマス)は、ギャンブル等依存症の民間治療施設である。
   3 .
家族への支援を開始する際には、ギャンブル等依存症本人の同意を得ることが必須条件とされている。
   4 .
ギャンブル等依存症対策基本法におけるギャンブル等には、法律の定めるところにより行われる公営競技だけでなく、ぱちんこ屋に係る遊技その他の射幸行為が含まれる。
   5 .
ギャンブル等依存症対策基本法において、都道府県は、都道府県ギャンブル等依存症対策推進計画を策定しなければならないとされている。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
正解は1,4です。

1→ギャンブル等依存症問題啓発週間を設けることとされています。

2→GA(ギャンブラーズ・アノニマス)は、ギャンブル依存症を抱える人たちの自助グループです。

3→本人の同意は必須条件ではありません。「ギャンブル等依存症である者等及びその家族が日常生活及び社会生活を円滑に営むことができるように支援すること」と、ギャンブル等依存症対策基本法の基本理念に記されています。

4→ギャンブル等依存症対策基本法におけるギャンブル等には、法律の定めるところにより行われる公営競技、ぱちんこ屋に係る遊技その他の射幸行為をいいます。

5→都道府県ギャンブル等依存症対策推進計画を策定するよう努めなければならないとされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。