過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49190問」を出題

問題

[ 設定等 ]
精神作用物質の乱用対策及び使用者への援助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
(注)「医療観察法」とは、「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」のことである。
   1 .
有効な外来治療として、ワークブックとマニュアルを用いた集団認知行動療法プログラムが開発されている。
   2 .
大麻は、麻薬及び向精神薬取締法で使用と所持が規制されている。
   3 .
ハーム・リダクションとは、薬物使用を厳罰化することで、その流通量を減らすことを目的とした政策のことである。
   4 .
薬物使用等の罪を犯した者に対する刑の一部執行猶予制度とは、一定期間服役させた後、残りの期間を社会復帰促進センターで処遇するものである。
   5 .
覚せい剤取締法違反は、「医療観察法」における重大な他害行為とされる6罪種の一つである。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
正解は1です。

1→有効な外来治療として、ワークブックとマニュアルを用いた集団認知行動療法プログラムが開発されています。

2→麻薬取扱者、麻薬診療施設の開設者又は麻薬研究施設の設置者でなければ、麻薬を所持してはならないとされています。

3→ハーム・リダクションとは、薬物の使用を中止することが不可能・不本意である薬物使用のダメージを減らすことを目的しています。

合法・違法にかかわらず精神作用性物質について、必ずしもその使用量が減少または中止することがなくとも、その使用により生じる悪影響を減少させることを主たる目的とする政策・プログラムとその実践です。

4→残りの期間を社会復帰促進センターで処遇するということは誤りです。服役後は、保護観察処遇といった社会内処遇が実施されます。

5→「医療観察法」における重大な他害行為とは、殺人、放火、強盗、 強制性交等、強制わいせつ、傷害とされています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。