過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49192問」を出題

問題

[ 設定等 ]
成人の勤労者を対象に、職場でのストレスの大きさ、職場でのサポートの程度及び抑うつ症状の重症度について、一定の尺度を用いた質問紙調査を行った。調査で得られた量的データを基に抑うつ症状を従属変数として、職場でのストレス及び職場でのサポートの二つの独立変数との関連性について分析を行った。次のうち、上記のデータ分析方法の名称として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
カイ2乗検定
   2 .
デルファイ法
   3 .
重回帰分析
   4 .
分散分析
   5 .
因子分析
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健の課題と支援 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
3
評価しない
1.×
 カイ2乗検定は、2つの変数に対する2つの事象が互いに独立しているか、または観測された値と期待される理論的な値が適合するかを検定するものです。

2.×
 デルファイ法は、専門家グループなどが持つ直観的意見や経験的判断を、反復型調査を使って、組織的に意見を集約・洗練・収束したり、論点を明確にする方法です。

3.○
 重回帰分析は、1つの連続量変数を2つ以上の変数で説明することです。

4.×
 分散分析は、3つ以上の平均値の相違を検討するものです。

5.×
 因子分析は、多変量データの中の共通因子を探るための解析手法です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解3です。

データ分析方法についての設問です。

1→カイ2乗検定とは、カイ2乗分布を用いて比較したいものについての頻度を検定することをいいます。

2→デルファイ法とは、集団の意見を集めて、統一的な意見を得る方法のことをいいます。

3→重回帰分析とは、重は「複数」、回帰は「因果関係」を意味します。結果を左右している要因を考え、関係を調べていく方法です。

4→分散分析とは、3群以上の平均値の検定をする際に実施する方法のことをいいます。

5→因子分析とは、共通因子を探して消費者を理解するためによく使われる方法です。


設問では「調査で得られた量的データを基に抑うつ症状を従属変数として、職場でのストレス及び職場でのサポートの二つの独立変数との関連性について分析を行った。」ということなので「重回帰分析」がデータ分析方法として使われたと考えられます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。