過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49196問」を出題

問題

[ 設定等 ]
福祉サービスを提供する際のリスクマネジメントに関する次の記述のうち、適切なものを2つ選びなさい。
   1 .
サービスを提供する際に、利用者の自立よりも安全を重視する。
   2 .
事故の未然防止の観点から、利用者に対して均一なサービスを提供する。
   3 .
ヒヤリハット情報やクレームから、潜在的なリスクを抽出する。
   4 .
リスクマネジメントの基本は、危機管理体制の確立よりも、個別事故への対応を優先する。
   5 .
利用者から苦情が寄せられた際には、迅速に対応する。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
 リスクマネジメント(危機管理)とは、ある行動に伴って生じる危険や損失を予見し、効果的・効率的に予防策を講じることをいいます。

1.×
 サービスを提供する際に、利用者の権利や利益の保護を最優先しなければいけません。そのうえで、利用者の安心や安全を確保することが必要です。

2.×
 様々な状態像、ニーズを持つ利用者一人ひとりに対して、提供するサービスの「個別化」が図られる必要があります。利用者一人ひとりの状態やニーズにふさわしいサービスが提供できるようなアセスメントや支援計画の内容となっているかの検証が必要となります。

3.○
 事故防止策を検討するためには、施設内で起こった事故を把握し、ヒヤリハット事例を収集して活用することが有効であるとされています。また、事故の要因分析を職員参画のもとで多角的に行い、具体的な再発防止策を検討・実践していくことが求められます。

4.×
 様々な類型・内容の事故が発生し、その個別性が高いものであっても、その防止に向けた取り組みの共通的・基本的視点は「クオリティーインプルーメント(QI)」が非常に大切です。これは、「より質の高いサービスを提供することによって多くの事故が未然に回避できる」という考え方です。

5.○
 苦情対応の基礎原則として、公平性、公正性、迅速性、透明性、応答性があります。より迅速な苦情対応は、利用者との円滑なコミュニケーションを助長し、より一層の信頼関係の形成を促進します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3,5です。

1→安全について考えることはもちろん大切ですが、利用者の自立と優先順位をつけるものではありません。利用者の立場を考えながら安全についても考慮していくというバランスが大切です。

2→均一なサービスを提供するのではなく、個々にあったものを提供すること、考えることが事故の未然防止の観点につながるといえます。

3→ ヒヤリハット情報やクレームから、潜在的なリスクを抽出します。

4→危機管理体制の確立をまず行うことで、個別事故への対応をしていくことができます。

5→利用者から苦情が寄せられた際には、迅速に対応します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。