過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49197問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ソーシャルワークの理論の発展に貢献した人物とそのアプローチに関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
カプラン(Caplan, G.)は、ソーシャルワークに生態学的な視点を導入し、その実践モデルをエコロジカルアプローチとした。
   2 .
ジャーメイン(Germain, C.)は、クライエントの心理的側面や生活史を重視し、診断主義アプローチを提唱した。
   3 .
トール(Towle, C.)は、家族療法の各流派の知見を統合し、多元的な家族中心アプローチを構築した。
   4 .
トーマス(Thomas, E.)は、学習理論の応用に基づく多様な行動変容の方法を整理し、行動変容アプローチとして確立した。
   5 .
ハートマン(Hartman,A.)は、危機の状況から効果的で早急に脱出することを目的とした危機介入アプローチの基礎を築いた。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉相談援助の基盤 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
4
評価しない
1.×
 カプラン(Caplan, G.)は、地域精神医学を予防精神医学と呼び、3つの概念に分けて考えました。予防精神医学とは、精神障害の予防及び管理に関する地域プログラムのことです。
 エコロジカルアプローチは、ジャーメイン(Germain, C.)やギッターマン(Gitterman, A.)によって提唱されました。

2.×
 ジャーメイン(Germain, C.)は、エコロジカルアプローチを提唱しました。

3.×
 トール(Towle, C.)は、心理社会的アプローチを提唱しました。

4.○
 トーマス(Thomas, E.)は、学習理論の応用に基づく多様な行動変容の方法を整理し、行動変容アプローチとして確立しました。

5.×
 ハートマン(Hartman,A.)は、家族システムアプローチを提唱しました。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

1→カプラン(Caplan, G.)は、予防モデルを確立しました。

2→ジャーメイン(Germain, C.)は、ソーシャルワークに生態学的な視点を導入し、その実践モデルをエコロジカルアプローチとしました。

3→トール(Towle, C.)は人間に共通の欲求充足を権利として認めることを説きました。
『公的扶助ケースワークの理論と実践』を発表しています。

4→ トーマス(Thomas, E.)は、学習理論の応用に基づく多様な行動変容の方法を整理し、行動変容アプローチとして確立しました。

5→ハートマン(Hartman,A.)は、ハルトマンと呼ぶ場合もあります。
ハートマンは、1978年に家族関係におけるダイヤグラム・アセスメントとしてエコマップを開発しました。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。