過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49235問」を出題

問題

[ 設定等 ]
精神医療審査会に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
退院請求は、口頭では認められず、書面による請求が不可欠である。
   2 .
1合議体の委員数は、自治体が決定する。
   3 .
医療保護入院者の入院届の審査を行う。
   4 .
処遇改善請求の審査は、対象外である。
   5 .
精神科病院の所在する市町村に設置される。
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉に関する制度とサービス )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.×
 退院請求は、書面を原則としますが、口頭(電話を含む)による請求の受理を求めるときはそれを認めるものとしています。

2.×
 精神医療審査会は5名の合議体で、精神科医療の学識経験者2名以上(精神保健指定医に限る)、法律に関する学識経験者1名以上(弁護士、検事など)、精神障害者の保健又は福祉に関し学識経験を有する者1名以上(精神保健福祉士、保健師など)で構成されると決められています。

3.○
 精神医療審査会は、精神科病院の管理者から提出される医療保護入院の届出、措置入院と医療保護入院患者の定期病状報告について、その入院の適否を審査します。

4.×
 精神医療審査会は、退院や処遇改善請求があった場合、それらの請求の適否を審査します。

5.×
 精神医療審査会は、都道府県(指定都市)に設置される審査機関です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3です。

精神医療審査会は、精神障害者の人権に配慮しつつその適正な医療及び保護を確保するために、精神病院に入院している精神障害者の処遇等について専門的かつ独立的な機関として審査を行うために設置されたものです。

1→退院請求は、原則書面により請求します。

2→1合議体の委員数は、都道府県知事が任命します。

3→医療保護入院者の入院届の審査を行います。

4→ 処遇改善請求も含まれます。

5→都道府県に、精神医療審査会を置くとされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。