過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

精神保健福祉士の過去問「第49239問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次のうち、「障害者総合支援法」に基づく自立支援給付に位置づけられる居住型の支援として、正しいものを1つ選びなさい。
   1 .
福祉ホーム
   2 .
共同生活援助(グループホーム)
   3 .
更生施設
   4 .
救護施設
   5 .
自立更生促進センター
( 第22回(令和元年度) 精神保健福祉士国家試験 精神保健福祉に関する制度とサービス )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
2
評価しない
1.×
 福祉ホームとは、現に住居を求めている障害者につき、低額な料金で、居室その他の設備を利用させるとともに、日常生活に必要な便宜を供与する施設で、地域生活支援事業として実施されます。

2.○
 共同生活援助(グループホーム)は、「障害者総合支援法」に基づく自立支援給付に位置づけられます。障害者につき、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において行われる相談、入浴、排せつ又は食事の介護その他の必要な日常生活上の援助を行います。

3.×
 更生施設は、生活保護法第38条第1項2号に規定される、身体上又は精神上の理由により養護及び生活指導を必要とする要保護者を入所させて、生活扶助を行うことを目的とする施設です。

4.×
 救護施設は、生活保護法第38条第1項1号に規定される、身体上又は精神上著しい障害があるために日常生活を営むことが困難な要保護者を入所させて、生活扶助を行うことを目的とする施設です。

5.×
 自立更生促進センターは、法務省により設置され、仮釈放者を対象として,入所者個々の問題性に応じ,専門的処遇プログラムや生活指導,対人関係指導等を集中的に実施するなど,濃密な指導監督を行うとともに,協力雇用主やハローワークの協力を得て,充実した就労支援を実施しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は2です。
「障害者総合支援法」に基づく自立支援給付に位置づけられる居住型の支援として、障害者支援施設での夜間ケア(施設入所支援)と共同生活援助(グループホーム)があります。

1→福祉ホームは、地域生活支援事業の中で運営されています。

2→共同生活援助(グループホーム)は、自立支援給付に位置づけられる居住型の支援のひとつです。

3→更生施設は、生活保護法に基づく保護施設です。

4→救護施設は、生活保護法に基づく保護施設です。

5→自立更生促進センターは、仮釈放者を対象としたセンターです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問をランダム順で出題するには こちら
この精神保健福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。