過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

世界史の過去問 | 予想問題 世界史A 問21を出題

問題

[ 設定等 ]
世界史上の政治体制について述べた次の文章を読み、下の問いに答えよ。

ヨーロッパでは、第一次世界大戦の終結時に開催された(8)パリ講和会議が、戦後の国際秩序の構想を示したが、この構想は現実には様々な問題と矛盾も引き起こし、(9)ヨーロッパ各国の内政に大きな影を落とすこととなった。敗戦国ドイツでは、大戦後の国民的不満を背景にした民族的・排外的主張などによって(10)ナチスが支持を広げ、政権を握った。その後、ドイツは1939年にポーランドに侵攻してヨーロッパを(11)第二次世界大戦の惨禍へと引きずり込んだ。

問 下線部(10)について述べた文として正しいものを、次の(1)~(4)のうちから一つ選べ。
   1 .
全権委任法を成立させ、一党独裁体制を築いた。
   2 .
エチオピア侵略を進めた。
   3 .
ヴェルサイユ体制への支持を呼び掛けた。
   4 .
ニューディールと呼ばれる恐慌対策を行った。
( 世界史A 平成24年度(2013年) 問21 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
1
評価しない
1、正しいです。

2、「エチオピア侵略」を進めたのはイタリアのムッソリーニなので間違いです。

3、第一次世界大戦後、ウィルソン大統領によって呼びかけられたので間違いです。

4、フランクリン・ルーズベルト大統領によって行われたので間違いです。

以上から、正解は1だとわかります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この世界史 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。