過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士の過去問を「全問」出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 390
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 390
クリア

合格者一覧へ
労働基準法に定める就業規則に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 1 . 
労働基準法第91条に規定する減給の制裁に関し、平均賃金を算定すべき事由の発生した日は、減給制裁の事由が発生した日ではなく、減給の制裁が決定された日をもってこれを算定すべき事由の発生した日とされている。
 2 . 
臨時の賃金等を除く賃金の決定、計算及び支払いの方法に関する事項は、労働基準法第89条において、就業規則のいわゆる絶対的必要記載事項となっている。
 3 . 
派遣労働者に関して、労働基準法第89条により就業規則の作成義務を負うのは、派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者である。
 4 . 
労働基準法第89条の規定により、常時10人以上の労働者を使用するに至った使用者は、同条に規定する事項について就業規則を作成し、所轄労働基準監督署長に届け出なければならないが、従来の慣習が当該事業場の労働者のすべてに適用されるものである場合、当該事項については就業規則に規定しなければならない。
 5 . 
行政官庁は、就業規則が当該事業場について適用される労働協約に抵触する場合には、当該就業規則の変更を命ずることができる。
( 社労士試験 第45回(平成25年度) 択一式 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390

この過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は1です。

※厚生労働省からの通達(下記の「昭和30年7月19日基収5875号」「昭和61年6月6日基発333号」等)における略語の意味は下記の通りです。

基発・・・労働基準局長名で発する通達
基収・・・労働基準局長が疑義に答えて発する通達

1.誤「減給の制裁が決定された日」
 正「減給の制裁の意思表示が相手方に到達した日」

つまり労働者が制裁を知るようになった日ということですね。(昭和30年7月19日基収5875号)

労働基準法(以下「法」と略します)91条には減給額の上限について定めており、その上限が「1回の額が平均賃金の1日分の半額」であることをおさえてください。

この平均賃金に関する計算法を法12条に定めていて、序文に「この法律で平均賃金とは、これを算定すべき事由の発生した日以前3箇月間にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいう。」とあります。

その中の「これ(平均賃金)を算定すべき事由の発生した日」について、問題文で問われているということですね。

2.法第89条に就業規則の絶対的必要記載事項(必ず記載しなければいけない事項)が定められています。

選択肢の規定は、その2号にあることを確認しておきましょう。

3.法第89条では「常時10人以上の労働者を使用する使用者」に就業規則の作成を義務づけております。

昭和61年6月6日基発333号の通達で、より具体的に
「派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者」にも作成義務があることが明らかにされたのです。

4.平成11年3月31日基発168号で、選択肢の内容にそって通達されております。

5.法92条2項の規定ですね。
評価後のアイコン
2016/06/25 17:09
ID : srqneocuud
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
1.誤り
「制裁が決定した日」ではなく「制裁が相手方に到達した日」をもって、平均賃金算定の起算日(算定事由発生日)となります。

制裁が相手方に到達した時点で、その制裁の対象者が減額の認識をするものと考えられるため「制裁が相手方に到達した日」が起算日になります。

2.正しい
労働基準法(以下「法」といいます。)89条では、就業規則の絶対的必要記載事項と定められています。なお、臨時の賃金等については「相対的必要記載事項」に設定されています。

3.正しい
派遣労働者について、法89条の就業規則の作成義務を負うのは、派遣労働者とそれ以外の労働者とを合わせて10人以上使用する派遣元の使用者であるので、正しい記述です。(昭61.6.6基発)

4.正しい
従来の慣習が当該事業場の労働者の全てに適用されるものである場合は、相対的必要記載事項として記載しなければなりません。(法89条)

5.正しい
法92条2項の条文そのままです。法92条1項に「就業規則は、法令又は当該事業場について適用される労働協約に反してはならない」と規定されているため、法令や労働協約に抵触するような就業規則は、設問のように行政官庁が変更を命ずることができます。
評価後のアイコン
2016/10/12 10:08
ID : ngunnkbh
評価する
0
評価しない
1 制裁は、相手方に伝わった時点で効力を発生すると考えられる(民法第97条の到達主義参照)ところから、通達(昭和30年7月19日基収5875号)が、「制裁が相手方に到達した日」をもって、平均賃金算定の起算日(算定事由発生日)と定めています。

2 労働基準法第89条が就業規則の記載事項を定めています。このうち、労働時間、賃金、退職・解雇に関する事項は、必ず記載しなければならない「絶対的記載事項」です。

3 労働基準法第89条は、「常時10人以上の労働者を使用する使用者」に就業規則の作成義務を課しています。この「使用」は、雇用関係がなくても成立します。派遣労働者を使用しているのは、派遣元会社です。派遣先の会社は、その派遣労働者を使用しています。 通達(昭和61年6月6日基発333号)も、「派遣中の労働者とそれ以外の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している派遣元の使用者」が就業規則の作成義務を負うことを明確にしています。

4 労働基準法第89条は、「当該事業所の労働者のすべてに適用される定め」をする場合には、就業規則に記載するとしています。すべての労働者に適用される従来の慣習は、この規定に該当します。

5 労働基準法第92条「①就業規則は、法令又は当該事業場について適用される労働協約に反してはならない。②行政官庁は、法令又は労働協約に牴触する就業規則の変更を命ずることができる。」の内容です。
評価後のアイコン
2016/12/03 15:48
ID : usgeajbhpt
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。