過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「労働基準法及び労働安全衛生法」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 25
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 25
クリア
[ 設定等 ]
次の文中の[ A ]の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1 最高裁判所は、労働者が長期かつ連続の年次有給休暇の時季指定をした場合に対する、使用者の時季変更権の行使が問題となった事件において、次のように判示した。
「 労働者が長期かつ連続の年次有給休暇を取得しようとする場合においては、それが長期のものであればあるほど、使用者において代替勤務者を確保することの困難さが増大するなど[ A ]に支障を来す蓋然性が高くなり、使用者の業務計画、他の労働者の休暇予定等との事前の調整を図る必要が生ずるのが通常である。[…( 略 )… ] 労働者が、右の調整を経ることなく、その有する年次有給休暇の日数の範囲内で始期と終期を特定して長期かつ連続の年次有給休暇の時季指定をした場合には、これに対する使用者の時季変更権の行使については、[…( 略 )… ]使用者にある程度の[ B ]の余地を認めざるを得ない。もとより、使用者の時季変更権の行使に関する右[ B ]は、労働者の年次有給休暇の権利を保障している労働基準法39条の趣旨に沿う、合理的なものでなければならないのであって、右[ B ]が、同条の趣旨に反し、使用者が労働者に休暇を取得させるための状況に応じた配慮を欠くなど不合理であると認められるときは、同条3項[ 現5項 ]ただし書所定の時季変更権行使の要件を欠くものとして、その行使を違法と判断すべきである。」
2 産前産後の就業について定める労働基準法第65条にいう「 出産 」については、その範囲を妊娠[ C ]以上( 1か月は28日として計算する。)の分娩とし、生産のみならず死産も含むものとされている。
3 労働安全衛生法第28条の2では、いわゆるリスクアセスメントの実施について、「 事業者は、厚生労働省令で定めるところにより、建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉じん等による、又は作業行動その他業務に起因する[ D ]( 第57条第1項の政令で定める物及び第57条の2第1項に規定する通知対象物による[ D ]を除く。)を調査し、その結果に基づいて、この法律又はこれに基づく命令の規定による措置を講ずるほか、労働者の危険又は健康障害を防止するため必要な措置を講ずるように努めなければならない。」と定めている。
4 労働安全衛生法第65条の3は、いわゆる労働衛生の3管理の一つである作業管理について、「 事業者は、労働者の[ E ]に配慮して、労働者の従事する作業を適切に管理するように努めなければならない。」と定めている。
   1 .
4か月
   2 .
5か月
   3 .
6か月
   4 .
7か月
   5 .
一方的
   6 .
危害を防止するための法基準の遵守状況
   7 .
危険性又は有害性等
   8 .
健康
   9 .
合理的変更
   10 .
災害事例における原因
   11 .
災害に関する統計情報
   12 .
作業能力
   13 .
作業に関する要望
   14 .
裁量的判断
   15 .
事業の正常な運営
   16 .
専権的判断
   17 .
体格
   18 .
繁忙期の人員の配置
   19 .
労働時間の適切な管理
   20 .
労働者の安全配慮義務
( 社労士試験 第49回(平成29年度) 選択式 労働基準法及び労働安全衛生法 問71 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
時事通信社事件(平成4年6月23日最高裁)。会社と事前調整のない長期の年次有給休暇の取得について、その時季指定ついて、会社にある程度の裁量的判断の余地を認めたものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は 15 . 事業の正常な運営 です。
年次有給休暇の時季指定に関して、長期であればあるほど“代替勤務者を確保することが困難”、“使用者の業務計画、他の労働者の休暇予定との事前調整の必要が生ずる”との記述から、・・・「事業の正常な運営」に支障を来す・・・という文脈が想像できます。(最三小平成4.6.23時事通信社事件)
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
【A】について
労基法に関する年次有給休暇の時季指定に関する最高裁判例
(最判三小平成4.6.23時事通信社事件)からの出題です。
設問の場合、正解の選択肢は、15、18、19、20のうち
の一つと考えることができます。正解は15(事業の正常な運
営)となります。
最高裁判例は、選択式・択一式で過去に出題されたものをよく
読み込み、キーワードを押さえておきましょう!
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。