過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「雇用保険法」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 5
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 5
クリア
次の文中の[ A ]の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1 未支給の基本手当の請求手続に関する雇用保険法第31条第1項は、「 第10条の3第1項の規定により、受給資格者が死亡したため失業の認定を受けることができなかつた期間に係る基本手当の支給を請求する者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該受給資格者について[ A ]の認定を受けなければならない。」と規定している。
2 雇用保険法第43条第2項は、「 日雇労働被保険者が前の[ B ]の各月において[ C]以上同一の事業主の適用事業に雇用された場合又は同一の事業主の適用事業に継続して31日以上雇用された場合において、厚生労働省令で定めるところにより公共職業安定所長の認可を受けたときは、その者は、引き続き、日雇労働被保険者となることができる。」と規定している。
3 雇用保険法第64条の2は、「 雇用安定事業及び能力開発事業は、被保険者等の[ D ]を図るため、[ E ]の向上に資するものとなるよう留意しつつ、行われるものとする。」と規定している。
 1 . 
失業
 2 . 
死亡
 3 . 
未支給給付請求者
 4 . 
未支給の基本手当支給
( 社労士試験 第49回(平成29年度) 選択式 雇用保険法 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
3
評価しない
雇用保険法第31条1項に、「受給資格者が死亡したため失業の認定を受けることができなかった期間に係る基本手当の支給を請求する者は、厚生労働省令で定めるところにより、当該受給資格者について失業の認定を受けなければならない。」と規定されています。
評価後のアイコン
2018/02/05 20:22
ID : wevzrggejr
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
【A】について
法31条1項(未支給の基本手当の請求手続)からの出題です。
正解は1(失業)となります。
ほぼ条文通りであり、基本事項です。確実に得点できる問題
ですので、しっかりと押さえておきましょう。
評価後のアイコン
2018/03/21 17:21
ID : tbcdjdmksv
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。