過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「労務管理その他の労働に関する一般常識」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 5
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 5
クリア
次の文中の[ A ]の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1 「平成28年度能力開発基本調査( 厚生労働省 )」をみると、能力開発や人材育成に関して何らかの「問題がある」とする事業所は[ A ]である。能力開発や人材育成に関して何らかの「 問題がある 」とする事業所のうち、問題点の内訳については、「[ B ]」、「 人材育成を行う時間がない」、「人材を育成しても辞めてしまう」が上位3つを占めている。正社員の自己啓発に対して支援を行っている事業所は[ C ]である。
2 雇用対策法に基づく外国人雇用状況の届出制度は、外国人労働者( 特別永住者、在留資格「 外交 」・「 公用 」の者を除く。)の雇用管理の改善や再就職支援などを目的とし、[ D ]の事業主に、外国人労働者の雇入れ・離職時に、氏名、在留資格、在留期間などを確認し、厚生労働大臣( ハローワーク )へ届け出ることを義務付けている。平成28年10月末現在の「「 外国人雇用状況 」の届出状況まとめ( 厚生労働省 )」をみると、国籍別に最も多い外国人労働者は中国であり、[ E ]、フィリピンがそれに続いている。
 1 . 
約3割
 2 . 
約5割
 3 . 
約7割
 4 . 
約9割
( 社労士試験 第49回(平成29年度) 選択式 労務管理その他の労働に関する一般常識 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
72.9%が何らかの「問題がある」としており、前回(71.6%)と比べてやや増加しています。
評価後のアイコン
2018/02/05 20:31
ID : wevzrggejr
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
【A】について
平成28年度能力開発基本調査( 厚生労働省 )からの出題です。
正解は3(約7割)となります。
統計情報・白書については厚労省のホームページでも確認でき
ます。直近の調査結果の数値など、ポイントをしっかり押さえ
ておきましょう。
評価後のアイコン
2018/03/21 20:43
ID : tbcdjdmksv
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。