過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「第53回(令和3年度)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 110問 正解) 全問正解まであと110問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
次の文中の( E )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。
1 国民年金法第16条の2第1項の規定によると、政府は、国民年金法第4条の3第1項の規定により財政の現況及び見通しを作成するに当たり、国民年金事業の財政が、財政均衡期間の終了時に( A )ようにするために必要な年金特別会計の国民年金勘定の積立金を保有しつつ当該財政均
衡期間にわたってその均衡を保つことができないと見込まれる場合には、年金たる給付(付加年金を除く。)の額(以下本問において「給付額」という。)を( B )するものとし、政令で、給付額を( B )る期間の( C )を定めるものとされている。
2 国民年金法第25条では、「租税その他の公課は、( D )として、課することができない。ただし、( E )については、この限りでない。」と規定している。
   1 .
遺族基礎年金及び寡婦年金
   2 .
遺族基礎年金及び付加年金
   3 .
開始年度
   4 .
開始年度及び終了年度
   5 .
改定
   6 .
給付額に不足が生じない
   7 .
給付として支給を受けた金銭を基準
   8 .
給付として支給を受けた金銭を標準
   9 .
給付として支給を受けた年金額を基準
   10 .
給付として支給を受けた年金額を標準
   11 .
給付の支給に支障が生じない
   12 .
減額
   13 .
財政窮迫化をもたらさない
   14 .
財政収支が保たれる
   15 .
終了年度
   16 .
調整
   17 .
年限
   18 .
変更
   19 .
老齢基礎年金及び寡婦年金
   20 .
老齢基礎年金及び付加年金
( 社労士試験 第53回(令和3年度) 選択式 国民年金法 問110 )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。