過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「労働基準法及び労働安全衛生法」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 49問 正解) 全問正解まであと49問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
労働安全衛生法に定める安全衛生教育に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
   1 .
事業者は、常時使用する労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、その従事する業務に関する安全又は衛生のための教育を行わなければならない。臨時に雇用する労働者については、同様の教育を行うよう努めなければならない。
   2 .
事業者は、作業内容を変更したときにも新規に雇い入れたときと同様の安全衛生教育を行わなければならない。
   3 .
安全衛生教育の実施に要する時間は労働時間と解されるので、当該教育が法定労働時間外に行われた場合には、割増賃金が支払われなければならない。
   4 .
事業者は、最大荷重1トン未満のフォークリフトの運転(道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第1号の道路上を走行させる運転を除く。)の業務に労働者を就かせるときは、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行わなければならない。
   5 .
事業者は、その事業場の業種が金属製品製造業に該当するときは、新たに職務に就くこととなった職長その他の作業中の労働者を直接指導又は監督する者(作業主任者を除く。)に対し、作業方法の決定及び労働者の配置に関すること等について、厚生労働省令で定めるところにより、安全又は衛生のための教育を行わなければならない。
( 社労士試験 第52回(令和2年度) 択一式 労働基準法及び労働安全衛生法 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
1.誤
雇入れ時の教育は、常時使用する労働者以外の労働者に対しても実施しなくてはなりません。
臨時に雇用する労働者についても、努力義務ではなく、事業者に実施義務が生じます。

2.正
設問の通りです。
なお、作業内容変更時の教育については、十分な知識及び技能を有していると認められる労働者については、当該教育の科目の全部または一部を省略することができます。

3.正
設問の通りです。
なお、特別教育や職長教育について、社外講習会等に参加させる場合に発生する費用(講習料や旅費)も事業者が負担しなければなりません。

4.正
設問の通りです。
なお、最大荷重1トン以上のフォークリフトの運転業務(道路上の走行運転を除く)については、フォークリフト運転技能講習を修了する必要があります。

5.正
設問の通りです。
一定のものを除き、製造業には職長教育の実施が義務付けられています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
1.誤
雇入れ時の安全衛生教育は、対象となる労働者を常時使用する労働者に限定しているわけではありません。

2.正
設問のとおりです。
遅滞なく、その従事する業務に関する安全又は衛生のために必要な事項について教育を行わなければなりません。

3.正
設問のとおりです。
法定労働時間外に行われた場合には、割増賃金が支払われなければなりません。

4.正
設問のとおりです。特別教育を必要とする業務の一種です。

5.正
設問のとおりです。金属製品製造業は、職長等教育の対象です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。