過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「労働者災害補償保険法」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 49問 正解) 全問正解まであと49問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
労災保険の特別加入に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
第1種特別加入保険料率は、中小事業主等が行う事業に係る労災保険率と同一の率から、労災保険法の適用を受けるすべての事業の過去3年間の二次健康診断等給付に要した費用の額を考慮して厚生労働大臣の定める率を減じた率である。
   2 .
継続事業の場合で、保険年度の中途に第1種特別加入者でなくなった者の特別加入保険料算定基礎額は、特別加入保険料算定基礎額を12で除して得た額に、その者が当該保険年度中に第1種特別加入者とされた期間の月数を乗じて得た額とする。当該月数に1月未満の端数があるときはその月数を切り捨てる。
   3 .
第2種特別加入保険料額は、特別加入保険料算定基礎額の総額に第2種特別加入保険料率を乗じて得た額であり、第2種特別加入者の特別加入保険料算定基礎額は第1種特別加入者のそれよりも原則として低い。
   4 .
第2種特別加入保険料率は、事業又は作業の種類にかかわらず、労働保険徴収法施行規則によって同一の率に定められている。
   5 .
第2種特別加入保険料率は、第2種特別加入者に係る保険給付及び社会復帰促進等事業に要する費用の予想額に照らして、将来にわたり労災保険の事業に係る財政の均衡を保つことができるものとされているが、第3種特別加入保険料率はその限りではない。
( 社労士試験 第52回(令和2年度) 択一式 労働者災害補償保険法 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
1.正
設問のとおりです。
第1種特別加入者に対しては、二次健康診断等給付は行われないので、それに要した費用のことは考慮する必要はなく、特別加入非業務災害率に含まれません。

2.誤
1月未満の端数は、その月数を切り捨てるのではなく、1月として計算します。

3.誤
特別加入保険料算定基礎額は、特別加入者それぞれの給付基礎日額に応じて定められています。
具体的には、給付基礎日額を365倍(年額換算)した額であり、第2種特別加入者が第1種特別加入者より原則として低いというわけではありません。

4.誤
第2種特別加入保険料率は、事業又は作業の種類に応じて、1,000分の3から1,000分の52の範囲(18区分)で定められています。

5.誤
第3種特別加入保険料率についても、第2種特別加入保険料率と同様に定められています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.正
設問の通りです。

2.誤
「当該月数に1月未満の端数があるときはその月数を切り捨てる」という箇所が誤りです。
継続事業において保険年度の中途に特別加入者となった者又は特別加入者でなくなった者について、当該保険年度中に特別加入者とされた期間の月数に1月未満の端数があるときは、これを1月とします。

3.誤
「第2種特別加入者の特別加入保険料算定基礎額は第1種特別加入者のそれよりも原則として低い」とは言えません。
特別加入保険料算定基礎額の計算は、特別加入者の種別に関わらず、当該特別加入者の給付基礎日額を365倍した額です。

4.誤
第2種特別加入保険料率は、同一の率ではありません。
事業又は作業の種類に応じ、1000分の3~1000分の52の範囲内で率が定められています。

5.誤
「第3種特別加入保険料率はその限りではない」という箇所が誤りです。
設問における労働保険の保険料の徴収等に関する法律第14条第2項の規程は、第3種特別加入保険料率に準用されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。