社会保険労務士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

社労士 国民年金法 の過去問 ランダム出題

問題

1周目(0 / 10問 正解) 全問正解まであと10問
昭和26年4月8日生まれの男性の年金加入履歴が以下の通りである。この男性が65歳で老齢基礎年金を請求した場合に受給することができる年金額及びその計算式の組合せとして正しいものはどれか。なお、本問において振替加算を考慮する必要はない。また年金額は、平成28年度価額で計算すること。

第1号被保険者期間  180月(全て保険料納付済期間)
第3号被保険者期間  240月
付加保険料納付済期間  36月
 1 . 
計算式 780,100円×420月/480月+8,500円    年金額 691,100円
 2 . 
計算式 780,100円×420月/480月+8,500円    年金額 691,088円
 3 . 
計算式 780,100円×420月/480月+200円×36月  年金額 689,800円
 4 . 
計算式 780,100円×420月/480月+200円×36月  年金額 689,788円
 5 . 
計算式 780,100円×420月/480月+400円×36月  年金額 697,000円

この社労士 過去問の解説

まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。