過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「国民年金法」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 20問 正解) 全問正解まであと20問
被保険者等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
 1 . 
60歳で被保険者資格を喪失し日本に居住している特別支給の老齢厚生年金の受給権者( 30歳から60歳まで第2号被保険者であり、その他の被保険者期間はない。)であって、老齢基礎年金の支給繰上げの請求を行っていない者は、国民年金の任意加入被保険者になることができる。
 2 . 
第1号被保険者として継続して保険料を納付してきた者が平成29年3月31日に死亡した場合、第1号被保険者としての被保険者期間は同年2月までとなり、保険料を納付することを要しないとされている場合を除き、保険料も2月分まで納付しなければならない。
 3 . 
20歳未満の厚生年金保険の被保険者は、国民年金の第2号被保険者となる。
 4 . 
平成29年3月2日に20歳となり国民年金の第1号被保険者になった者が、同月27日に海外へ転居し、被保険者資格を喪失した。この場合、同年3月は、第1号被保険者としての被保険者期間に算入される。なお、同月中に再度被保険者資格を取得しないものとする。
 5 . 
日本国籍を有し、日本国内に住所を有しない国民年金の任意加入被保険者に係る諸手続の事務は、国内に居住する親族等の協力者がいる場合は、協力者が本人に代わって行うこととされており、その手続きは、本人の日本国内における最後の住所地を管轄する年金事務所又は市町村長( 特別区の区長を含む。)に対して行うこととされている。なお、本人は日本国内に住所を有したことがあるものとする。
( 社労士試験 第49回(平成29年度) 択一式 国民年金法 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
1.①60歳以上65歳未満で、日本国内に住所を有している
②保険料納付済期間が40年に満たない
③老齢基礎年金の支給繰上げの請求をしていない
以上により、任意加入被保険者になることができます。

2.3月31日に死亡したので、喪失日はその翌日の4月1日となります。資格を喪失した日の属する月の前月までが被保険者期間となりますので、3月までが被保険者期間となり、3月分まで納付しなければなりません。

3.20歳未満であっても、厚生年金保険の適用事業所に使用され、要件を満たせば、第2号被保険者となります。

4.被保険者資格を取得した日の属する月と同じ月に喪失した場合(同月得喪)は、その月を被保険者期間に算入します。

5.在外邦人については、加入等の諸手続を行わせることが困難であるため、国内に居住する親族等の協力者が本人に代わって諸手続を行うこととされています。
また、在外邦人の任意加入の事務は、本人が国内に住所を有したことがある場合は最後の住所地を管轄する年金事務所または市町村長が行い、本人が国内に住所を有したことがない場合は千代田年金事務所が行うこととされています。
評価後のアイコン
2018/02/05 19:54
ID : wevzrggejr
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1 設問の通りであり、正しいです。老齢基礎年金の支給繰上
  げの請求を行っている者は、国民年金の任意加入被保険者
  になることはできません。(法附則5条1項2号、9条の2の3)
2 誤りです。死亡した日の翌日が資格喪失日(平成29年4月
  1日)となるため、第1号被保険者としての被保険者期間は
  同年3月までとなり、保険料は3月分まで納付しなければな
  りません。(法9条1項、法11条1項)
3 設問の通りであり、正しいです。(法7条1項2号)
4 設問の通りであり、正しいです。設問の場合、いわゆる
  「同月得喪」のため、その月を被保険者期間に算入します。
  (法11条2項)
5 設問の通りであり、正しいです。在外邦人の任意加入手続き
  に関する記述です。(平成19.6.29庁保険発第0629002号)

以上のことから、正解は2となります。
評価後のアイコン
2018/03/17 11:09
ID : tbcdjdmksv
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。