過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「雇用保険法」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 10問 正解) 全問正解まであと10問
次の文中の[ E ]空欄部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

2 雇用保険法第61条の2第1項は、「高年齢再就職給付金は、受給資格者(その受給資格に係る離職の日における第22条第3項の規定による算定基礎期間が[ D ]以上あり、かつ、当該受給資格に基づく基本手当の支給を受けたことがある者に限る。)が60歳に達した日以後安定した職業に就くことにより被保険者となつた場合において、当該被保険者に対し再就職後の支給対象月に支払われた賃金の額が、当該基本手当の日額の算定の基礎となつた賃金日額に30を乗じて得た額の100分の75に相当する額を下るに至つたときに、当該再就職後の支給対象月について支給する。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。
一 当該職業に就いた日(次項において「就職日」という。)の前日における支給残日数が、[ E ]未満であるとき。
二 当該再就職後の支給対象月に支払われた賃金の額が、支給限度額以上であるとき。」と規定している。
 1 . 
8日
 2 . 
9日
 3 . 
10日
 4 . 
11日
 5 . 
15日
 6 . 
16日
 7 . 
18日
 8 . 
20日
 9 . 
60日
 10 . 
90日
 11 . 
100日
 12 . 
120日
 13 . 
4分の1箇月
 14 . 
3分の1箇月
 15 . 
2分の1箇月
 16 . 
1箇月
 17 . 
3年
 18 . 
4年
 19 . 
5年
 20 . 
6年
( 社労士試験 第50回(平成30年度) 選択式 雇用保険法 )

この過去問の解説(1件)

評価する
1
評価しない
【E】について
法61条の2第1項1号(高年齢再就職給付金)からの出題です。設問の場合、正解の選択肢は、9~12のうちの一つと考えることができます。
正解は11(100日)となります。基本事項です!確実に得点できる問題ですので、しっかりと押さえておきましょう。
評価後のアイコン
2019/06/06 13:15
ID : tbcdjdmksv
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。