過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「労務管理その他の労働に関する一般常識」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 20問 正解) 全問正解まであと20問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
次の文中の( E )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。

1  我が国の労働の実態を知る上で、政府が発表している統計が有用である。年齢階級別の離職率を知るには( A )、年次有給休暇の取得率を知るには( B )、男性の育児休業取得率を知るには( C )が使われている。

2  労働時間の実態を知るには、( D )や( E )、毎月勤労統計調査がある。( D )と( E )は世帯及びその世帯員を対象として実施される調査であり、毎月勤労統計調査は事業所を対象として実施される調査である。
( D )は毎月実施されており、就業状態については、15歳以上人口について、毎月の末日に終わる1週間(ただし、12月は20日から26日までの1週間)の状態を調査している。( E )は、国民の就業の状態を調べるために、昭和57年以降は5年ごとに実施されており、有業者については、1週間当たりの就業時間が調査項目に含まれている。
   1 .
家計消費状況調査
   2 .
家計調査
   3 .
経済センサス
   4 .
国勢調査
   5 .
国民生活基礎調査
   6 .
雇用均等基本調査
   7 .
雇用動向調査
   8 .
社会生活基本調査
   9 .
就業構造基本調査
   10 .
就労条件総合調査
   11 .
職業紹介事業報告
   12 .
女性活躍推進法への取組状況
   13 .
賃金構造基本統計調査
   14 .
賃金事情等総合調査
   15 .
有期労働契約に関する実態調査
   16 .
労働基準監督年報
   17 .
労働経済動向調査
   18 .
労働経済分析レポート
   19 .
労働保険の徴収適用状況
   20 .
労働力調査
( 社労士試験 第52回(令和2年度) 選択式 労務管理その他の労働に関する一般常識 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
1
評価しない
( E )は各統計調査の調査項目に関する問題であり、雇用動向調査(厚生労働省)、就労条件総合調査(厚生労働省)、雇用均等基本調査(厚生労働省)、労働力調査(総務省)及び就業構造基本調査(総務省)からの出題です。

 労働時間の実態を知るには、労働力調査や「就業構造基本調査」、毎月勤労統計調査がある。労働力調査と「就業構造基本調査」は世帯及びその世帯員を対象として実施される調査であり、毎月勤労統計調査は事業所を対象として実施される調査である。
「就業構造基本調査」は、国民の就業の状態を調べるために、昭和57年以降は5年ごとに実施されており、有業者については、1週間当たりの就業時間か調査項目に含まれている。

( E )のヒントとして、「世帯を対象」に「5年ごとに実施」「1週間当たりの就業時間が調査項目」などが挙げられます。
この調査はM字カーブで有名な「出産・育児で離職した人の数」や「就業・不就業の割合」など、今までも労一で出題されてきた統計なのでなんとなく覚えていた人もいたかもしれません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。