過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「健康保険法」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 25問 正解) 全問正解まであと25問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
次の文中の( E )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋め、完全な文章とせよ。
1 健康保険法第156条の規定による一般保険料率とは、基本保険料率と( A )とを合算した率をいう。基本保険料率は、一般保険料率から( A )を控除した率を基準として、保険者が定める。( A )は、各年度において保険者が納付すべき前期高齢者納付金等の額及び後期高齢者支援金等の額(全国健康保険協会が管掌する健康保険及び日雇特例被保険者の保険においては、( B )額)の合算額(前期高齢者交付金がある場合には、これを控除した額)を当該年度における当該保険者が管掌する被保険者の( C )の見込額で除して得た率を基準として、保険者が定める。
2 毎年3月31日における標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の被保険者総数に占める割合が100分の1.5を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その年の( D )から、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができる。ただし、その年の3月31日において、改定後の標準報酬月額等級の最高等級に該当する被保険者数の同日における被保険者総数に占める割合が( E )を下回ってはならない。
   1 .
2021/06/01
   2 .
2021/08/01
   3 .
2021/09/01
   4 .
2021/10/01
   5 .
100分の0.25
   6 .
100分の0.5
   7 .
100分の0.75
   8 .
100分の1
   9 .
総報酬額
   10 .
総報酬額の総額
   11 .
その額から健康保険法第153条及び第154条の規定による国庫補助額を控除した
   12 .
その額から特定納付金を控除した
   13 .
その額に健康保険法第153条及び第154条の規定による国庫補助額を加算した
   14 .
その額に特定納付金を加算した
   15 .
調整保険料率
   16 .
特定保険料率
   17 .
標準報酬月額の総額
   18 .
標準報酬月額の平均額
   19 .
標準保険料率
   20 .
付加保険料率
( 社労士試験 第53回(令和3年度) 選択式 健康保険法 問100 )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。