過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

社労士「国民年金法」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 15問 正解) 全問正解まであと15問
[ 設定等 ]


  • [ ランダム順で出題中 ]
    通常順出題に切り替え

[ 出題範囲選択 ]
次の文中の( E )の部分を選択肢の中の最も適切な語句で埋めよ。

1. 国民年金法第75条では、「積立金の運用は、積立金が国民年金の被保険者から徴収された保険料の一部であり、かつ、( A )となるものであることに特に留意し、専ら国民年金の被保険者の利益のために、長期的な観点から、安全かつ効率的に行うことにより、将来にわたつて、( B )に資することを目的として行うものとする。」と規定している。

2. 国民年金法第92条の2の2の規定によると、厚生労働大臣は、被保険者から指定代理納付者をして当該被保険者の保険料を立て替えて納付させることを希望する旨の申出を受けたときは、その納付が確実と認められ、かつ、その申出を承認することが( C )と認められるときに限り、その申出を承認することができるとされている。

3. 国民年金法第97条第1項では、「前条第1項の規定によつて督促をしたときは、厚生労働大臣は、徴収金額に、( D )までの期間の日数に応じ、年14.6パーセント(当該督促が保険料に係るものであるときは、当該( E )を経過する日までの期間については、年7.3パーセント)の割合を乗じて計算した延滞金を徴収する。ただし、徴収金額が500円未満であるとき、又は滞納につきやむを得ない事情があると認められるときは、この限りでない。」と規定している。
   1 .
国民年金事業の運営の安定
   2 .
国民年金事業の円滑な実施
   3 .
国民年金制度の維持
   4 .
国民年金法の趣旨に合致する
   5 .
財政基盤の強化
   6 .
財政融資資金に預託する財源
   7 .
支払準備金
   8 .
将来の給付の貴重な財源
   9 .
責任準備金
   10 .
督促状に指定した期限の日から3月
   11 .
督促状に指定した期限の日から徴収金完納又は財産差押の日
   12 .
督促状に指定した期限の翌日から6月
   13 .
督促状に指定した期限の翌日から徴収金完納又は財産差押の日
   14 .
納期限の日から6月
   15 .
納期限の日から徴収金完納又は財産差押の日の前日
   16 .
納期限の翌日から3月
   17 .
納期限の翌日から徴収金完納又は財産差押の日の前日
   18 .
被保険者にとって納付上便利
   19 .
保険料納付率の向上に寄与する
   20 .
保険料の徴収上有利
( 社労士試験 第51回(令和元年度) 選択式 国民年金法 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
E 16 納期限の翌日から3月(法97条1項)
択一式試験での出題となりますが、徴収法には「月数が3月→2月」とした条文があります。併せて確認しておきましょう。(徴収法28条)
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解:16 納期限の翌日から3月

国民年金法97条1項「延滞金の算定」についての問題です。
なお、国民年金法附則9条の2の5において延滞金の年14.6%の割合及び年7.3%の割合は、当分の間、各年の特例基準割合が年7.3%の割合に満たない場合には、その年中においては、年14.6%の割合にあっては当該特例基準割合に年7.3%の割合を加算した割合とし、年7.3%の割合にあっては当該特例基準割合に年1%の割合を加算した割合(当該加算した割合が年7.3%の割合を超える場合には、年7.3%の割合)とするものとされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この社労士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。