過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

測量士補「平成30年度(2018年)」の過去問をランダムに出題

問題

次の文は、公共測量における河川測量について述べたものである。正しいものはどれか。次の中から選べ。
   1 .
距離標設置測量は、定期横断測量における水平位置の基準となる距離標を設置する測量である。距離標は、左右の岸どちらかに設置する。
   2 .
水準基標測量は、定期縦断測量の標高の基準となる水準基標を設置する測量である。水準基標は、水位標から十分離れた場所に設置する。
   3 .
定期縦断測量及び定期横断測量は、河川の形状を断面図として作成する測量である。これらは、直接水準測量で実施しなければならない。
   4 .
深浅測量は、河川、湖沼などの、水底部の地形を明らかにする測量である。水深の測定は、音響測深機やロッド、レッドなどを用いて行う。
   5 .
法線測量は、河川又は海岸において、築造物の新設や改修などを行う場合に、等高・等深線図データファイルを作成する測量である。作成する範囲は、前浜と後浜を含む範囲である。
( 測量士補試験 平成30年度(2018年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
解答:4

解説
1:間違い
距離標設置測量は、河心線の接線に対して直角方向の両岸の堤防法肩または放面等に距離標を設置します。

2:間違い
水準基標測量は、2級水準測量により行い、水準基準は水位標に近接した位置に設置します。

3:間違い
定期縦断測量は、水際標を境にして陸部と水部に分け、陸部では横断測量、水部では深浅測量を行います。
なお、陸部の横断測量では、地形や地物等の状況により、直接水準測量または間接水準測量により行います。

4:正しい
深浅測量では、音響測深機を用いて水深の測定を行い、水深が浅い場合には、ロッドやレッドなどを用いて行います。

5:間違い
法線測量は、計画資料に基づいて河川または海岸において築造物の新設または回収を行う場合に、法線上に杭を設置し、線形図データファイルを作成する測量です。問題文での測量は海浜測量のことです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この測量士補 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。