過去問.com

登録販売者試験 平成25年度(地域2) 医薬品に共通する特性と基本的な知識  過去問題 | 無料の試験問題

問題

一般用医薬品の役割のうち、誤っているものはどれか。

 1 . 
重度な疾病の治療
 2 . 
生活の質(QOL)の改善・向上
 3 . 
健康状態の自己検査
 4 . 
健康の維持・増進
この問題の解説(4件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
5

正解:1

一般医薬品の定義(改正薬事法第4条第5項第4号)
「医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであつて、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの(要指導医薬品を除く。)」

一般用医薬品の役割
(1) 軽度な疾病に伴う症状の改善
(2) 生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防(科学的・合理的に効果が期待できるものに限る。)
(3) 生活の質(QOL)の改善・向上
(4) 健康状態の自己検査
(5) 健康の維持・増進
(6) その他保健衛生
※一般用医薬品承認審査合理化等検討会中間報告書「セルフメディケーションにおける一般用医薬品のあり方について」(平成14年11月)より


1:重度な疾病の治療に対応するのは医療用医薬品であり、一般用医薬品は不適です。

2:例として発毛剤、肥満改善薬などがあります。

3:尿糖・尿たんぱく試験紙、市販妊娠検査薬があります。

4:ビタミン剤、滋養強壮剤などがあります。

2015/04/14 11:42
ID : vyjkaghdu
1

1番が誤りです。
一般用医薬品の役割には以下の6つが挙げられます。

①軽度な疾病に伴う症状の改善
②生活習慣病などの疾病に伴う症状発現の予防
③生活の質(QOL)の改善・向上
④健康状態の自己検査
⑤健康の維持・増進
⑥その他保健衛生(衛生害虫の防除、殺菌消毒等)

2015/05/19 18:41
ID : ynvvbopmva
1

正解:1

重度な疾病の治療は一般用医薬品での対処は難しいため、医療機関を受診を勧めるようにします。

一般用医薬品の役割
(1) 軽度な疾病に伴う症状の改善
(2) 生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防
(3) 生活の質(QOL)の改善・向上
(4) 健康状態の自己検査
(5) 健康の維持・増進
(6) その他保健衛生
※一般用医薬品承認審査合理化等検討会中間報告書「セルフメディケーションにおける一般用医薬品のあり方について」(平成14年11月)

2015/04/30 23:56
ID : crsfcgjmuh
0

誤っているものは1です。

重度な疾病の治療は医療機関を受診し処方されるべき医療用医薬品です。
参考として「セルフメディケーションにおける一般医薬品のあり方について」のURLを付記します。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/11/s1108-4.html#3

2015/06/04 22:08
ID : wpoxudbb
border line
登録販売者試験の最新の記事
  • まだ、記事がありません。
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。