過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第16354問」を出題

問題

[ 設定等 ]
スモンに関する記述について、正しいものはどれか。
   1 .
スモン訴訟は、解熱鎮痛薬として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄せきずい視神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
   2 .
スモンの症状は、初期には腹部の膨満感から激しい腹痛を伴う下痢を生じ、次第に下半身の痺しびれや脱力、歩行困難等が現れる。
   3 .
スモン訴訟は、未だ和解が成立していない。
   4 .
スモン患者に対しては、治療研究施設の整備、治療法の開発調査研究の推進、施術費及び医療費の自己負担分の公費負担等が講じられている。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域2) 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
70
評価しない
正解:2、4

1:スモン訴訟は、”整腸剤”として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症(英名Subacute Myelo-Optico-Neuropathy の頭文字をとってスモンと呼ばれる。)に罹患したことに対する損害賠償訴訟です。

2:設問どおり。麻痺は上半身にも拡がる場合があり、ときに視覚障害から失明に至ることもあります。

3:スモン訴訟で製薬企業とともに被告となった国は、スモン患者の早期救済のためには、和解による解決が望ましいとの基本方針を立てました。1977年10月に東京地裁において和解が成立して以来、各地の地裁及び高裁において和解が勧められ、1979年9月に全面和解が成立しました。

4:設問どおり。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
1 誤りです。
スモン訴訟とは、整腸剤として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神系症に罹患したことに対する損害賠償訴訟のことを指します。

2 正しいです。
麻痺は上半身にも広がる場合があり、時には視覚障害から失明に至ることもあります。

3 誤りです。
スモン患者の早期救済のためには和解による解決が望ましいとの基本方針に立って、1977年10月に東京地裁において和解が成立しました。その後、各地の地裁及び高裁において和解が進められ、1979年9月に全面和解が成立しています。

4 正しいです。
その他、世帯厚生資金貸付による生活資金の貸付や、重症患者に対する介護事業が講じられています。
評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
正解は2,4です。

誤っているものについては以下のとおりです。

1→解熱鎮痛剤ではなく、整腸剤です。

3→1979年9月、全面和解が成立されています。

評価後のアイコン
評価する
13
評価しない
正解:2、4

1 ×:スモン訴訟は、整腸剤として販売されていたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。

2 ○

3 ×:スモン訴訟は1979年9月に全面和解が成立した。

4 ○
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。