登録販売者試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

登録販売者の過去問 第16403問 出題

問題

腎臓に関する記述について、(    )の中に入れるべき正しい字句はどれか。なお、(    )内には、どちらも同じ字句が入る。

腎臓に入る動脈は細かく枝分かれして、毛細血管が小さな球状になった糸球体を形成する。糸球体の外側を袋状の(    )が包み込んでおり、これを腎小体という。(    )から1本の尿細管が伸びて、腎小体と尿細管とで腎臓の基本的な機能単位(ネフロン)を構成している。
 1 . 
副腎皮質
 2 . 
ボウマン嚢
 3 . 
副腎髄質
 4 . 
膀胱

この登録販売者 過去問の解説(3件)

評価する
3
評価しない
正解は2です。

1 副腎の外側を皮質といいます。副腎皮質ホルモン(アルドステロン、グルココルチコイド、アンドロゲン)を産生します。

2 ボウマン嚢とは、原尿が入る部分をいいます。腎小体=糸球体+ボウマン嚢、となります。

3 副腎の内側を髄質といいます。副腎髄質ホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリン)を産生します。

4 尿を一時的に溜める器官です。膀胱の出口にある膀胱括約筋が緩むと膀胱壁の排尿筋が収縮し、尿が尿道へと押し出されます。
評価後のアイコン
2015/03/22 06:15
ID : yrhvjoouug
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は2です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1・3→「副腎」は左右の腎臓の上部にあり、皮質と髄質の2層になっています。
皮質:アルドステロンなどの皮質ホルモンの産生、分泌
髄質:アドレナリン、ノルアドレナリンの産生、分泌

4→膀胱は下腹部の中央に位置し、尿を一時的にためる役割を担っています。
評価後のアイコン
2015/07/12 22:22
ID : wpoxudbb
評価する
0
評価しない
正解:2

1:副腎は腎臓の上部に付随しており、外側の皮質と内側の髄質の2層から構成されています。
副腎皮質は、副腎皮質ホルモンを産生・分泌する働きをします。副腎皮質ホルモンの一つであるアルドステロンは、電解質と水分の排出調節の役割を担っています。

3:副腎の内側にある副腎髄質では、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが産生・分泌されます。

4:膀胱は下腹部の中央に位置し、尿を一時的に溜める袋状の器官です。膀胱の出口にある膀胱括約筋が緩むと、同時に膀胱壁の排尿筋が収縮し、尿が尿道へと押し出されます。
評価後のアイコン
2015/06/16 14:37
ID : vyjkaghdu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この登録販売者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。