過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第16453問」を出題

問題

医薬品副作用被害救済制度に関する記述について、正しいものはどれか。
 1 . 
医療費や医療手当などの各種給付の請求は、請求する者の住所地の都道府県知事に対して行う。
 2 . 
医療費の給付は、副作用の原因となった医薬品を製造販売した製薬企業が直接行う。
 3 . 
医学的薬学的判断を要する事項について薬事・食品衛生審議会の諮問・答申を経て、厚生労働大臣が判定した結果に基づいて、医療費等の給付が行われる。
 4 . 
救済給付業務に必要なすべての費用は、製薬企業から年度ごとに納付される拠出金で賄われている。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域2) 医薬品の適正使用・安全対策 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(3件)

評価する
5
評価しない
1 誤りです。
各種給付請求は、健康被害を受けた本人かその家族が、独立行政法人医薬品医療機器総合機構に対して行います。

2 誤りです。
医療費の給付に関しても、独立行政法人医薬品医療機器総合機構が行います。

3 正しいです。

4 誤りです。
給付費に関しては、製薬企業から年度ごとに納付される拠出金が充てられていますが、事務費の2分の1相当額は国庫補助により賄われています。
評価後のアイコン
2015/04/02 21:36
ID : ynvvbopmva
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

1 給付の請求は、健康被害を受けた本人(または家族)が、医薬品医療機器総合機構に対して行います。

2 医療費の給付は、医薬品医療機器総合機構が行います。なお、医療費に必要な費用は、許可医薬品製造販売業者等からの搬出金で賄われています。

3 その通りです。

4 医療費に関しては上記のとおりですが、事務費については、その2分の1相当額は国庫補助により賄われています。
評価後のアイコン
2015/06/08 14:29
ID : yrhvjoouug
評価する
1
評価しない
正しいものは3です。

誤っているものは以下のとおりです。

1→文中の「請求する者の住所地の都道府県知事に対して」という部分が誤りです。「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」に対して行います。

2→文中の「製造販売した製薬企業が直接行う」の部分が誤りです。「医薬品医療機器総合機構PMDA)」が行います。

4→文中の「必要なすべての費用」が誤りです。給付費は製造販売業者から年度ごとに納付される拠出金から、事務費については、その1/2相当を国庫補助から賄います。
評価後のアイコン
2015/07/08 07:40
ID : wpoxudbb
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この登録販売者 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。