過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17891問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品に関する次の記述の正誤について、正しいものはどれか。
   1 .
医薬品は、本来、人体にとっては異物(外来物)である。
   2 .
医薬品は、人の生命や健康に密接に関連するものであるため、高い水準で均一な品質が保証されていなければならない。
   3 .
薬事法において、医薬品は、健康被害の発生の可能性の有無にかかわらず、異物等の混入や変質があってはならない旨が定められている。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (6件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解:1.2.3すべてです。
解説:「薬事法」は、平成25年11月25日の薬事法改正により、「医薬品、医療機器等の品質、
有効性及び安全性の確保等に関する法律」になり、
「医薬品医療機器等法」略して薬機法とよばれています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
【正しいもの】3つともすべて
いずれも<厚生労働省 - 試験問題の作成に関する手引き>に記載がある。

1
医薬品は、人体にとっては異物(外来物)であるため、薬効(人体にとって有益な効果)のみならず、副作用(好ましくない反応)を生じる可能性があります。

2
医薬品は「人の生命や健康に密接に関連するものである」「高い水準で均一な品質が保証されていなければならない」こと、いずれも正しい記述です。

3 . 薬事法では異物混入や変質のある医薬品の販売・陳列などを禁止しています。
製造販売メーカなどから製品回収等の措置がある場合もあり、販売者としてそういった情報には留意しておく必要があります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
1,2,3すべて正しいです。

3にある「薬事法」ですが、平成26年11月より「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律」に変更されています。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
常識的な知識です。
「1 . 医薬品は、本来、人体にとっては異物(外来物)である。」
↑こちらがもしかしたら最初は迷うかもしれませんが、正しい内容です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
すべて正しい記述となっています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

1 正

医薬品は薬効だけでなく、副作用ももたらすことがあります。

医薬品の作用は複雑で多岐に渡り、そのすべてが解明されているわけではありません。

人体にとっては、医薬品は異物です。

2 正

医薬品とは、人の健康・生命に密接に関係するものです。

体の機能や構造に影響を及ぼすことを目的としているからです。

そのため、高い水準で均一な品質が保証されていなければなりません。

3 正

医薬品とは、日本薬局方に収められているものです。

健康被害の有無に関わらず、医薬品の異物等の混入や変質があってはなりません。

また、未開封の医薬品の保管や陳列にも注意が必要です。

品質の劣化を防ぐために、高温多湿・直射日光の当たるところは避け、清潔性が保たれるように保管・陳列します。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。