過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17898問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品の使用上の注意等において、おおよその目安として用いられる年齢区分に関する次の記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しいものはどれか。

おおよその目安として、乳児とは( a )、幼児とは( b )、小児とは( c )をいう。
   1 .
(a)1歳未満、(b)5歳未満、(c)13歳未満
   2 .
(a)1歳未満、(b)7歳未満、(c)13歳未満
   3 .
(a)1歳未満、(b)7歳未満、(c)15歳未満
   4 .
(a)3歳未満、(b)5歳未満、(c)13歳未満
   5 .
(a)3歳未満、(b)5歳未満、(c)15歳未満
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (5件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
14
評価しない
正解:3
乳児→ミルクが主な時期の1歳未満
幼児→小学生未満
小児→高校生未満
です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
【正しいもの】3
目安は
 乳児:1歳未満
 幼児:7歳未満(小学生未満)
 小児:15歳未満(高校生未満)
とされています。

また、「高齢者:65歳以上」の目安も合わせて記憶するとよいかと思います。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は3です。

WHOのレコメンデーションによる目安です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解:3

新生児→出生後4週未満
乳児→1歳未満
幼児→7歳未満
小児→15歳未満

となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

年齢区分の目安は、乳児が1歳未満、幼児が7歳未満、小児が15歳未満です。

また、高齢者は65歳以上になります。

小児の特徴として、大人に比べると身体の大きさに比べて腸が長いため、医薬品の吸収率が相対的に高くなることです。

また、血液脳関門が未発達なので、吸収された医薬品の成分が脳に移行しやすく、中枢神経系に作用する医薬品の副作用が出やすいことも特徴です。

小児には服用しないこととされている禁忌の成分があり、小児には年齢に応じた用法用量などが定められているものを使用する必要があります。

また、乳児に関しては一般用医薬品での対処は最小限にして、医師の診察を受けることが最優先になります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。