過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17919問」を出題

問題

[ 設定等 ]
交感神経系と副交感神経系が効果器に及ぼすそれぞれの反応に関する次の組合せのうち、誤っているものはどれか。
   1 .
【効果器】心臓、【交感神経系】心拍数増加、【副交感神経系】心拍数減少
   2 .
【効果器】末梢血管、【交感神経系】拡張(血圧降下)、【副交感神経系】収縮(血圧上昇)
   3 .
【効果器】気管、気管支、【交感神経系】拡張、【副交感神経系】狭窄
   4 .
【効果器】腸、【交感神経系】運動低下、【副交感神経系】運動亢進
   5 .
【効果器】肝臓、【交感神経系】グリコーゲンの分解、【副交感神経系】グリコーゲンの合成
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
38
評価しない
正解:2です。


交感神経は緊張状態の時、例えば戦おうとする時や、恐怖を感じる時などに働き、逆に副交感神経はリラックス状態の時に働きます。
ですので、末梢血管では、交感神経が優位な時(緊張状態)には血管が収縮して血圧が上がり、副交感神経が優位な時(リラックス時)には血管が拡張して血圧が下がります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
誤っているものは2です。

末梢血管での交感神経系は「収縮(血圧上昇)」で、副交感神経系は「拡張(血圧降下)」です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
誤っているものは2です。

交感神経が優位な場合は血圧上昇、
副交感神経が優位な場合は血圧低下です。

他の組み合わせは正しいものとなっています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。