過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17921問」を出題

問題

[ 設定等 ]
薬の吸収に関する次の記述の正誤について、正しいものはどれか。
   1 .
内服薬のうち錠剤、カプセル剤等の固形剤は、腸溶性製剤のような特殊なものを除き、多くの場合、胃で有効成分が溶出する。
   2 .
内服薬の中には、服用後の作用を持続させるため、有効成分がゆっくりと少しずつ溶出するように作られているものがある。
   3 .
内服薬の有効成分が消化管から吸収される際には、消化管の内容物や他の医薬品の作用によって吸収量や吸収速度が影響を受けることはない。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
正しいものは1,2です。

誤っている3についてですが、消化管の内容物や他の医薬品の作用によって吸収量や吸収速度が影響を受けます。

例えば、眠気防止薬はカフェインを主薬としています。この眠気防止薬の服用前後にお茶やコーヒーなどカフェインを含むものが胃の中にあると、カフェインの過剰摂取の危険性が高まります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解:1,2です


薬の吸収量や吸収速度は、消化管の内容物や、他の医薬品の作用によって影響を受けやすく、
また医薬品の成分の中には、消化管の粘膜に障害を起こすものがあるため、
各医薬品に定められた用法で、食事と服用時間の関係を確認することが大切です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正しいものは1,2です。

各選択肢については以下のとおりです。

1.正しいです。
腸溶性製剤のような特殊なものを除き、多くの場合は胃で有効成分が溶け、小腸で吸収されます。

2.正しいです。
溶解時間を考えて作られたものがあります。

3.誤りです。
影響を受けます。そのため、空腹時に飲むお薬や逆に空腹時を避け、食後に飲む薬があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。