過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17950問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次のかぜ薬の配合成分とその目的とする作用のうち、正しいものはどれか。
   1 .
【配合成分】エテンザミド、【目的とする作用】発熱を鎮め、痛みを和らげる
   2 .
【配合成分】メキタジン、【目的とする作用】中枢神経系に作用し、咳を抑える
   3 .
【配合成分】臭化水素酸デキストロメトルファン、【目的とする作用】くしゃみや鼻汁を抑える
   4 .
【配合成分】グアヤコールスルホン酸カリウム、【目的とする作用】痰の切れを良くする
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (4件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
44
評価しない
エテンザミド:サリチル酸系解熱鎮痛成分に分類され、解熱作用は中枢神経系のプロスタグランジンの産生抑制作用から生じます。
アセトアミノフェン、カフェイン、エテンザミドの組み合わせは3つの頭文字から「ACE処方」と言われています。

メキタジン:肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と結合する事を阻害して抗ヒスタミン作用を示します。

臭化水素酸デキストロメトルファン:非麻薬性鎮咳成分であり、中枢神経系に作用して咳を抑えます。

グアヤコールスルホン酸カリウム:気道粘膜からの分泌を促進する去痰成分です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
28
評価しない
正解:1,4です。


エテンザミド(サリチル酸系):
発熱を沈め、痛みを和らげる成分になります。
副作用・留意点:胃腸障害、肝機能障害、腎機能障害、心機能障害など

メキタジン:
くしゃみ、鼻汁を押さえる成分になります。抗ヒスタミン成分になります。
副作用・留意点:眠気、排尿困難、口渇、浮動感、不安定感、頭痛など

臭化水素酸デキストロメトルファン:
咳を抑える成分です。
副作用・留意点:眠気、めまい、便秘、食欲不振

グアヤコールスルホン酸カリウム:
痰の切れをよくする成分です。
評価後のアイコン
評価する
16
評価しない
正しいものは1,4です。

メキタジンは「くしゃみや鼻汁を抑える」作用が、臭化水素酸デキストロメトルファンは「中枢神経系に作用して、咳を抑える」作用があります。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1)正
エテンザミドはかぜ薬に配合される成分のうち、解熱鎮痛成分に分類されます。
また、エテンザミドやサリチルアミドは15歳未満の小児でインフルエンザや水疱瘡(みずぼうそう)にかかっている場合の使用は避ける必要があります。

2)誤
メキタジンはくしゃみや鼻汁を抑える成分に分類されます。
くしゃみや鼻汁を抑える成分には、この他にフマル酸クレマスチン等があります。

3)誤
臭化水素酸デキストロメトルファンの目的は咳を抑えることです。鎮咳成分に分類され、この他にはノスカピンやリン酸コデイン等があります。

4)正
グアヤコールスルホン酸カリウムはグアイファネシン等と同じく去痰成分に分類されます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。