過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17957問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の表は、ある一般用医薬品の鎮咳去痰薬に含まれている成分の一覧である。
この鎮咳去痰薬に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
問題文の画像
   1 .
リン酸ジヒドロコデインは、その作用本体であるジヒドロコデインがモルヒネと同じ基本構造を持ち、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。
   2 .
dℓ-塩酸メチルエフェドリンは、交感神経系を刺激して気管支を収縮させる作用を示す。
   3 .
グアイフェネシンは、痰の中の粘性蛋白質に作用してその粘りけを減少させ、痰の切れを良くする。
   4 .
カンゾウエキスは、グリチルリチン酸による抗炎症作用のほか、気道粘膜からの分泌を促す等の作用も期待される。
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
40
評価しない
正しいものは1,4です。

誤っているものについては、以下のとおりです。

2→文中の「収縮」が誤りです。「拡張」です。

3→グアイフェネシンは、気道粘膜からの分泌を促進する作用を持っています。文中の「痰の中の粘膜蛋白質に作用して~」という働きをもっている薬物は塩酸エチルシステインやカルボシステインなどです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
21
評価しない
正解:1,4です。


dℓ-塩酸メチルエフェドリンは交感神経を刺激して、
気管支を拡張させる作用を示します。

グアイフェネシンは、気道粘膜からの分泌を促進して、
痰の粘度を薄めて排泄しやすくする作用があります。

問題文の3の作用を持つ成分は、
塩酸エチルシステインや、カルボシステインなどになります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1)正

2)誤
dℓ-塩酸メチルエフェドリンはアドレナリン作動成分に分類され、気管支を拡張する働きがあります。

3)誤
この解説はエチルシステイン、カルボシステインです。

4)正
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。