過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第17994問」を出題

問題

[ 設定等 ]
一般用医薬品の添付文書の使用上の注意において、次の主な成分等と「次の人は使用(服用)しないこと」として記載すべき事項の組合せのうち、誤っているものはどれか。
   1 .
【主な成分等】臭化水素酸スコポラミン、【記載すべき事項】15歳未満の小児
   2 .
【主な成分等】オキセサゼイン、【記載すべき事項】妊娠または妊娠していると思われる人
   3 .
【主な成分等】芍薬甘草湯、【記載すべき事項】心臓病の診断を受けた人
   4 .
【主な成分等】塩酸プソイドエフェドリン、【記載すべき事項】高血圧の診断を受けた人
   5 .
【主な成分等】カフェインを含む成分を主薬とする眠気防止薬、【記載すべき事項】胃潰瘍の診断を受けた人
( 登録販売者試験 平成25年度(地域1) 医薬品の適正使用・安全対策 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
39
評価しない
誤っているものは1です。

臭化水素酸スコポラミンは、酔い止め薬に使われる成分です。乗り物酔いの薬は、3歳未満に使用させるべきではない薬です。

また、抗コリン成分として酔い止め薬以外では、心臓病の診断を受けた人、高齢者、母乳を与えいてる人などに注意が必要な薬です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
正解:1が誤っています。


ちなみに、「15歳未満の小児が使用(服用)しないこと」とされている成分は、

ライ症候群の発症との関連性が示唆されているアスピリン等ピリン系成分や、

致命的な呼吸抑制が現れたとの報告がある、
テオクル酸プロメタジン等のプロメタジンを含む成分、

そして、イブプロフェンやオキセサゼイン、
抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬などがあげられます。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1)正
2)誤
正しくは「15歳未満の小児」です。

3)誤
芍薬甘草湯と心臓病の関係性は誤りです。
芍薬甘草湯は「偽アルドステロン症」の副作用に注意する必要があります。

4)誤
正しくは「立腺肥大による排尿困難」「心臓病 」「高血圧」です。

5)誤
正しくは「コーヒーやお茶等のカフェインを含有する飲料と同時に服用しないこと」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。