過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26861問」を出題

問題

[ 設定等 ]
サリドマイド及びサリドマイド訴訟に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。


a  サリドマイド訴訟では、製薬企業が被告として提訴され、国は被告として提訴されなかった。

b  サリドマイドは、鎮咳がい成分として承認されていた。

c  サリドマイドの光学異性体のうち、S体が血管新生を妨げる作用を有する。

d  サリドマイドにより、四肢欠損、視聴覚等の感覚器や心肺機能の障害等の先天異常が発生する。
   1 .
a 、b
   2 .
a 、c
   3 .
b 、d
   4 .
c 、d
( 登録販売者試験 平成26年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
22
評価しない
薬害事件の中でサリドマイド事件は非常に重要な事件です。

a.誤り
 1963年6月に製薬企業を被告として、さらに翌年12月には「国と製薬企業」を被告として提訴されています。
 1974年に和解が成立しました。


b.誤り
 サリドマイドは「催眠鎮静成分」として承認されていました。


c.正しい
 サリドマイドの光学異性体のうち、S体のみに血管新生を妨げる作用があります。
 もう一方のR体のみが鎮静作用を有するといわれています。


d.正しい
 サリドマイドにより血管新生が妨げられると、細胞分裂が正常に行われないため、各器官が十分に成長せず、四肢欠損、視聴覚等の感覚器や心肺機能の障害等の先天異常が発生します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は4です。

a→ サリドマイド訴訟とは、妊娠中に服用したサリドマイド剤の副作用が原因で障害児が生まれたことをめぐり、被害者家族が国と製薬会社を相手取り、責任を追及した民事訴訟です。

b→サリドマイドは、催眠鎮静成分として承認されていました。
鎮静作用を目的として、胃腸薬にも配合されていました。

c→サリドマイドの光学異性体にはS体とR体があります。
血管新生を妨げる作用を有するのはS体のみであり、もう一方のR体が有しているのは鎮静作用のみだとされています。

d→胎児の四肢形成には栄養を運ぶ血管が作られることが非常に重要です。
サリドマイドにより血管新生が妨げられると正常な細胞分裂が妨げられ、身体の各器官が十分に成長することができません。
そのため、四肢欠損、視聴覚等の感覚器や心肺機能の障害等の先天異常が発生します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。