過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26917問」を出題

問題

[ 設定等 ]
偽アルドステロン症に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。


a  体内にカリウムと水が貯留し、体から塩分(ナトリウム)が失われることによって生じる病態である。

b  小柄な人や高齢者で生じやすい。

c  複数の医薬品や、医薬品と食品との間の相互作用によって起きることがある。

d  副腎皮質からのアルドステロン分泌が増加することにより生じる。
   1 .
(a 、b)
   2 .
(a 、d)
   3 .
(b 、c)
   4 .
(c 、d)
( 登録販売者試験 平成26年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
a.体内に塩分(ナトリウム)と水が貯留し、体からカリウムが失われることによって生じる病態です。
d.アルドステロン症と違い、偽アルドステロン症では副腎皮質からのアルドステロン分泌は増加しません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
13
評価しない
正解は3です。

a…誤りです。
体内に「塩分(ナトリウム)」と水が貯留し、体から「カリウム」が失われることによって生じる病態です。

b…正しいです。

c…正しいです。

d…誤りです。
偽アルドステロン症は、副腎皮質からのアルドステロン分泌が「増加していない」にもかかわらず、分泌が増加しているような症状です。


よって、b・cが正しい組み合わせとなります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
3が正解です。

a.誤:失われるのはカリウムの方です。

b.正:正しい記述です。
 原因となる医薬品を長期にわたって服用して
 初めて発症する場合もあります。

c.正:正しい記述です。主にカンゾウやグリチルリチン酸です。

d.誤:増加していないのに、起きる症状なので
 偽アルドステロン症と呼ばれています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。