過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26919問」を出題

問題

[ 設定等 ]
薬疹に関する記述について、誤っているものはどれか。
   1 .
あらゆる医薬品で起きる可能性があり、同じ医薬品の場合、人によらず生じる発疹の型は同様である。
   2 .
蕁麻疹は強い痒みを伴うが、それ以外の場合は痒みがないか、たとえあったとしてもわずかなことが多い。
   3 .
薬疹は医薬品の使用後1~2週間で起きることが多いが、長期使用後に現れることもある。
   4 .
痒み等の症状に対して、一般の生活者が自己判断で対症療法を行うことは、原因の特定を困難にするおそれがあるため、避けるべきである。
( 登録販売者試験 平成26年度 人体の働きと医薬品 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
17
評価しない
正解は1です。

1…誤りです。
同じ医薬品でも生じる発疹の型は、人によって様々です。

2…正しいです。

3…正しいです。
症状が現れたら、まずは原因となる医薬品の使用を中止します。その後、医師の診療を受ける必要があります。

4…正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
1.同じ医薬品でも生じる発疹の型は人によって異なります。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1が正解です。

1.人によって、紅斑、水疱、蕁麻疹、湿疹等があります。

2.正しい記述です。
 無意識に掻いてしまうことで搔きこわして
 症状が悪化しないように注意が必要です。

3.正しい記述です。
 イソプロピルアンチピリン、Q10(ユビデカレノン)が代表的です。

4.正しい記述です。
 症状が起きた場合、重篤な症状への移行を防止するため、
 原因と思われる医薬品の使用を中止しましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。