過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第26969問」を出題

問題

[ 設定等 ]
アレルギー(過敏反応)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a  基本的に薬理作用がない添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)とはならない。

b  普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品がアレルゲンになりやすくなり、思わぬアレルギーを生じることがある。

c  内服薬だけでなく、外用薬でもアレルギーが引き起こされることがある。
   1 .
(a)正   (b)正   (c)正
   2 .
(a)正   (b)誤   (c)正
   3 .
(a)正   (b)誤   (c)誤
   4 .
(a)誤   (b)正   (c)正
   5 .
(a)誤   (b)正   (c)誤
( 登録販売者試験 平成28年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
アレルギーに関して、
・医薬品には鶏卵や牛乳等を原材料とするものもあるので、薬理作用が無い添加物が使用されていても、アレルギーを引き起こす可能性があります。
・医薬品や食品等でアレルギーを起こしたことが無い人でも、病気等に対する抵抗力が低下している場合に、アレルギーを生じることがあります。
・医薬品のアレルギーは薬理作用とは関係なく起こりえるものなので、塗り薬や貼付剤等の外用薬によっても、湿疹やかぶれ等の皮膚症状等が引き起こされることがあります。

なので、
1は「アレルギーを引き起こす原因物質とならない」が「アレルギーを引き起こす原因物質となりうる」となるので間違い。
2は問題文の通りなので正しい。
3も問題文の通りなので正しい。
となり、4が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正しい組み合わせは4です。

アレルギーはあらゆる物質で起こり得ます。よって、a.は不適切な文です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。