過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第27005問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述は、医薬品医療機器等法第1条の条文である。(   )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。なお、2箇所の( a )内にはどちらも同じ字句が入る。

この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による( a )上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、( b )の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品、医療機器及び再生医療等製品の( c )のために必要な措置を講ずることにより、( a )の向上を図ることを目的とする。
   1 .
(a)国民生活   (b)指定薬物    (c)研究開発の促進
   2 .
(a)国民生活   (b)指定薬物    (c)適正使用
   3 .
(a)保健衛生   (b)危険ドラッグ  (c)適正使用
   4 .
(a)国民生活   (b)危険ドラッグ  (c)研究開発の促進
   5 .
(a)保健衛生   (b)指定薬物    (c)研究開発の促進
( 登録販売者試験 平成28年度 薬事に関する法規と制度 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
13
評価しない
正解は5です。

一般用医薬品の販売に関する法律で、この「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称「医薬品医療機器等法」)が最も重要です。

よく出題されるので、覚えておくと良いでしょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は5です。

医薬品医療機器等法は、
「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」
ともいわれます。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

正解:5(a)保健衛生   (b)指定薬物    (c)研究開発の促進

医薬品医療機器等法第1条に関する問題

危険ドラッグの多くは指定薬物として定義されています。指定薬物は3000種類以上あって、現在も増え続けています。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。