過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第27030問」を出題

問題

[ 設定等 ]
鎮暈薬(乗物酔い防止薬)及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。


a  乗物酔い防止薬には、主として吐きけを抑えることを目的とした成分も配合されているため、つわりに伴う吐きけへの対処として使用することも推奨されている。

b  乗物酔いの発現には不安や緊張などの心理的な要因による影響も大きく、それらを和らげることを目的として、アリルイソプロピルアセチル尿素のような鎮静成分が配合されている場合がある。

c  胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげ、乗物酔いに伴う吐きけを抑えることを目的として、アミノ安息香酸エチルのような局所麻酔成分が配合されている場合がある。

d  スコポラミン臭化水素酸塩は、乗物酔い防止に古くから用いられている抗ヒスタミン成分である。
   1 .
(a)正   (b)正   (c)誤   (d)正
   2 .
(a)誤   (b)正   (c)正   (d)正
   3 .
(a)誤   (b)誤   (c)誤   (d)正
   4 .
(a)誤   (b)正   (c)正   (d)誤
   5 .
(a)正   (b)誤   (c)正   (d)誤
( 登録販売者試験 平成28年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
33
評価しない
正解は4です。

a…誤りです。
つわりに伴う吐きけへの対処として使用することは適当ではありません。

b…正しいです。

c…正しいです。
ただし、アミノ安息香酸エチルが配合されている場合、6歳未満への使用は避けなければなりません。

d…誤りです。
スコポラミン臭化水素酸塩は、乗物酔い防止に古くから用いられている「抗コリン」成分です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は4です。

a→ つわりによる吐き気は主ホルモンバランスに関係した原因おこると考えられていますが、乗り物酔いによる吐き気は三半規管から脳に伝わる信号が混乱するために起こるとされています。
このように原因が全く異なるため、つわりの症状に使うことはふさわしくありません。

b→ アリルイソプロピルアセチル尿素などの鎮静成分は中枢神経に作用し、おう吐やめまいを抑える働きがあります。
そのほか、鎮静作用もあるため、不安や緊張を取り除く効果もあります。

c→ アミノ安息香酸エチルなどの局所麻酔成分は、胃の粘膜に麻酔のように作用し、乗り物酔いによる胃の不快感を抑える働きをします。

d→ スコポラミン臭化水素酸塩は、抗コリン成分です。
乗物酔い防止に古くから用いられている抗ヒスタミン成分としては、メクリジンがあります。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
解答:4

a.誤
乗物酔い防止薬には、吐きけを抑えるために副交感神経遮断成分や胃粘膜局所麻酔成分などが配合されていますが、ホルモンバランスの変化などによって引き起こされる妊娠中のつわりには使用しません。

b.正
乗物酔いは不規則な揺れによる自律神経系の混乱だけでなく、不安などのストレスなどによっても引き起こされることがあります。
アリルイソプロピルアセチル尿素は鎮静成分の一種で、緊張や興奮を鎮める作用があります。

c.正
乗り物酔いの最もつらい症状の一つである吐き気に対しては、アミノ安息香酸エチルのような胃粘膜局所麻酔成分が最も効果があります。

d.誤
スコポラミン臭化水素酸塩は、副交感神経遮断作用があり、脳神経の興奮や消化管の緊張を抑えて吐き気を予防します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。