過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第27069問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の医薬品成分のうち、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、それを含有することにより内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「次の人は使用(服用)しないこと」の項目中に、「6歳未満の小児」と記載することとされている成分はどれか。
   1 .
アスピリン
   2 .
アミノ安息香酸エチル
   3 .
グリチルリチン酸二カリウム
   4 .
ジヒドロコデインリン酸塩
   5 .
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
( 登録販売者試験 平成28年度 医薬品の適正使用と安全対策 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
26
評価しない
医薬品成分について、
・アスピリンは、米国においてサリチル酸系製剤とライ症候群との関連性を示す疫学調査報告があるので、15歳未満の小児は使用しないこととなっています。
・アミノ安息香酸エチルは、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、6歳未満の小児は使用しないこととなっています。
・グリチルリチン酸二カリウムは、大量に摂取すると偽アルドステロン症をおこすリスクが高いとされています。
・ジヒドロコデインリン酸塩は、母乳に移行するため、授乳中の人は使用しないこととされています。
・デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物は、低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立されていないとされています。

よって、問題文に該当するのは アミノ安息香酸エチルとなるので2が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない
正解は2です。

アミノ安息香酸エチルは、痛みを感じる神経に対して麻酔作用を示します。
下痢止めとして用いられたり、胃潰瘍などの際に痛みをやわげるために用いられます。
メトヘモグロビン血症を引き起こす恐れがあるため小児には使用できません。
この症状は血液中にメトヘモグロビンが多くなる状態のことですが、メトヘモグロビンは酸素を運ぶことができないために、血液中にこの物質が多くなると臓器が酸欠状態になり、危険です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
解答:2

1.誤
アスピリンなどサリチル酸系の解熱薬は、ライ症候群を発症するおそれがあるため、15才未満の小児には使用しません。

2.正
アミノ安息香酸エチルは幼児への投与によりメトヘモグロビン血症が報告されています。
これは、アミノ安息香酸エチルの酸化作用により、ヘモグロビンがメトヘモグロビンとなり酸素と結合できなくなって酸欠に陥る状態です。
 
3.誤
グリチルリチン酸二カリウムはカンゾウに含まれるグリチルリチン酸のカリウム塩で、すぐれた消炎作用があります。
グリチルリチン酸は甘味料としても使用されているため、総摂取量が過剰にならないように注意します。
過剰摂取により偽アルドステロン症を生じるおそれがあります。

4.誤
ジヒドロコデインリン酸塩を含むコデイン類については、呼吸抑制などが生じるおそれがあるため、12歳未満の小児などには使用しないようにします。

5.誤
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物は非麻薬性の鎮咳成分です。
麻薬性と同様、延髄の咳中枢に作用して咳を抑えます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。