過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28884問」を出題

問題

[ 設定等 ]
医薬品と食品の相互作用に関する記述について、(   )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

アルコールは、主として肝臓で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する者では、その( a )が( b )ことが多く、その結果、アセトアミノフェンでは、( c )ことがある。
   1 .
a 代謝機能   b 高まっている   c 作用が強く出過ぎる
   2 .
a 消化機能   b 低下している   c 作用が強く出過ぎる
   3 .
a 消化機能   b 高まっている   c 作用が強く出過ぎる
   4 .
a 代謝機能   b 低下している   c 十分な薬効が得られなくなる
   5 .
a 代謝機能   b 高まっている   c 十分な薬効が得られなくなる
( 登録販売者試験 平成27年度 医薬品に共通する特性と基本的な知識 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
27
評価しない
医薬品と食品の相互作用について、
アルコールは、主として肝臓で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する者では、その代謝機能が高まっていることが多く、その結果、アセトアミノフェンでは、十分な薬効が得られなくなることがあります。
またこの他にも、カフェインやビタミンA を含有している飲み物や食品の場合、これらを含んでいる医薬品を服用している時に摂取すると、過剰摂取となることがあるので注意が必要です。
となります。

よって、
5の組み合わせが正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
正解は5です。

アセトアミノフェンは、バファリン等の鎮痛薬に配合されている成分で、解熱鎮痛作用があります。
一方で、アセトアミノフェンの一部は代謝の段階で肝臓への毒性を持つ物質に変わってしまいます。
通常は体内で毒を消す働きをするのですが、アルコールをよく摂取する人の場合は肝臓の代謝機能が発達しているため、毒消しが間に合わず、肝臓に害を及ぼします。

よって、アセトアミノフェンとアルコールを共に摂取すると、肝臓を傷つけてしまったり、医薬品の効果が得られなくなることがあります。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
アルコールは、主として肝臓で代謝されるため、酒類をよく摂取する者では、その代謝機能が高まっていることが多く、その結果、アセトアミノフェンでは、十分な薬効が得られなくなることがある。
上記が正しい文章です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。