過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28898問」を出題

問題

[ 設定等 ]
解熱鎮痛成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。


a  ピリン系解熱鎮痛成分により、薬疹等のアレルギー症状を起こすことがある。

b  イソプロピルアンチピリンは、一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分である。

c  非ピリン系解熱鎮痛成分では、薬疹等のアレルギー症状は生じない。

d  アスピリンは、他の解熱鎮痛成分に比較して胃腸障害を起こしにくい。
   1 .
a 正   b 誤   c 正   d 誤
   2 .
a 誤   b 正   c 正   d 誤
   3 .
a 誤   b 誤   c 正   d 正
   4 .
a 正   b 正   c 誤   d 誤
   5 .
a 正   b 誤   c 誤   d 正
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
19
評価しない
a 正:ピリン系解熱鎮痛成分により、薬疹等のアレルギー症状を起こすことがあります。

b 正:現在は、イソプロピルアンチピリンが一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分です。

c 誤:非ピリン系解熱鎮痛成分は、薬疹等のアレルギー症状を起こすことがあります。

d 誤:アスピリンは、胃腸障害が起こりやすいです。胃腸障害の軽減を目的としたのが、アスピリンアルミニウムです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は4です。

a…正しいです。
ピリン系解熱鎮痛成分による薬疹はピリン疹と呼ばれます。

b…正しいです。

c…誤りです。
非ピリン系解熱鎮痛成分でも薬疹等のアレルギー症状は生じます。

d…誤りです。
アスピリンは他の解熱鎮痛成分に比較して、胃腸障害を起こしやすいので、アスピリンアルミニウム等として、胃粘膜への悪影響の軽減を図っている製品もあります。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
解答:4

a.正
ピリン系解熱鎮痛成分に対する過敏症により、薬疹や蕁麻疹等が起こることがあります。

b.正
一般用医薬品で唯一のピリン系であるイソプロピルアンチピリンは、解熱作用や鎮痛作用は比較的強い成分です。

c.誤
薬疹などの過敏性のアレルギー症状は、ほとんど全ての医薬品で発症の可能性があります。

d.誤
アスピリンは胃腸障害を起こしやすくなっています。
アスピリンより胃腸障害を起こしにくい成分としてアセトアミノフェンやイブプロフェンなどがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。