過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

登録販売者の過去問「第28914問」を出題

問題

[ 設定等 ]
女性ホルモン成分( エストラジオール等 )を含む婦人薬の使用を避ける必要のある女性に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。


a  思春期の女性

b  妊娠している女性

c  更年期症状を有する女性

d  母乳を与えている女性
   1 .
( a、b )
   2 .
( a、c )
   3 .
( b、d )
   4 .
( c、d )
( 登録販売者試験 平成27年度 主な医薬品とその作用 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
女性ホルモン成分( エストラジオール等 )を含む婦人薬の使用に関する問題

正解ーbとd:妊娠している女性(b)・母乳を与えている女性(d)がエストラジオール等の女性ホルモン成分を含む婦人薬を使用すると、胎児に先天異常のおそれ・乳汁中に移行して乳児に悪影響を及ぼすおそれがそれぞれにあるので、使用を避ける必要があります。

思春期の女性(a)・更年期症状を有する女性(c)には上記の婦人薬の使用を避ける必要はありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
a ×:思春期の女性は使用を避ける必要がありません。

b 〇:妊娠している女性が女性ホルモン成分(エストラジオール等)を使用すると、胎児に先天異常のおそれがあります。

c ×:更年期症状を有する女性は、使用を避ける必要がありません。

d 〇:女性ホルモン成分(エストラジオール)は、乳汁中に移行する可能性があるため、母乳を与えている女性は使用を避ける必要があります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
解答:3

a.誤
女性ホルモン成分は月経不順などに使われるため、思春期の女性にも使われます。

b.正
胎児に先天性異常の発生が起こる可能性があるため、妊婦には使用しないようにします。

c.誤
女性ホルモン成分は更年期障害ののぼせや息切れなどにも効果があります。

d.正
女性ホルモン成分は乳汁中に移行するため、授乳中の女性は服用を避けます
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この登録販売者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。